Contents
目次
中国 統治のジレンマ
A5判/上製/304頁
初版年月日:2019/12/20
ISBN:
978-4-7664-2648-9
 
(4-7664-2648-7)
Cコード:C3031
税込価格:5,720円
中国 統治のジレンマ
中央・地方関係の変容と未完の再集権

目次

序章 中央・地方関係をめぐる議論とその課題
 第一節 改革・開放期以降の中央・地方関係をめぐる議論/第二節 本書の問題意識と構
 成

 第一部 再集権に関する議論についての検証
第一章 組織・人事面における再集権の実態
 はじめに/第一節 組織面における再集権の試み/第二節 省指導部への人事権行使に
 よる統制強化の試み/第三節 組織・人事面における再集権の限界/おわりに

第二章 財政面における再集権の実態
 はじめに/第一節 分税制の導入過程/第二節 分税制施行後の諸問題/おわりに

第三章 未完の再集権
 はじめに/第一節 再集権にもかかわらず顕在化した諸問題/第二節 分税制導入と「予
 算外資金」問題/第三節 財政再配分と農民負担軽減の試み/おわりに

 第二部 再集権の諸問題と「再分権」の推進
第四章 再集権の矛盾
 はじめに/第一節 農民負担問題と農村税費改革/第二節 不動産バブル問題
 第三節 地方債務問題/おわりに

第五章 再集権の限界
 はじめに/第一節 中央から地方への財政移転強化の試み/第二節 財政移転の試みと
 その限界/第三節 地方内における財政移転の試みとその限界/おわりに

第六章 「再分権」の推進とその意義
 はじめに/第一節 「再分権」の推進/第二節 広東省内における行政権限下放
 第三節 「再分権」推進の意義/おわりに

終章 中央・地方関係研究における「ゼロサム論」の終焉
 第一節 中央・地方関係をめぐる従来の議論と「ゼロサム論」の終焉/
 第二節 新たな包括的分析モデルの提起/第三節 中央・地方関係についての今後の研究
 課題と展望

主要参考文献一覧
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.