Contents
目次
環境経済学の政策デザイン
A5判/上製/272頁
初版年月日:2019/05/30
ISBN:
978-4-7664-2600-7
 
(4-7664-2600-2)
Cコード:C3033
税込価格:3,960円
環境経済学の政策デザイン
資源循環・低炭素・自然共生

目次

    
    
 はじめに

 第T部 循環経済とリサイクル

第1章 循環経済における拡大生産者責任の果たす役割(細田 衛士)
 1 はじめに
 2 循環経済の基本的概念設定
 3 EPRと循環経済
 4 おわりに

第2章 経済学から見た廃棄物の不適正処理問題(一ノ瀬 大輔)
 1 はじめに
 2 日本における不適正処理の現状
 3 不適正処理に関する経済学的な分析
 4 実際の不適正処理対策
 5 今後の展望

第3章 廃棄物の適正処理とリサイクルのための回収システム(斉藤 崇)
 1 はじめに
 2 使用済み品の回収:先行研究と現状
 3 潜在資源性と潜在汚染性
 4 自発的な回収ルート構築の可能性
 5 適正な排出を促すための課題
 6 おわりに

  第U部 低炭素

第4章 イノベーションと環境政策(井上恵美子)
 1 はじめに
 2 環境問題にイノベーションが果たす役割
 3 環境政策手法の種類
 4 環境政策がイノベーションに与える影響
 5 おわりに

第5章 統合評価モデルによる地球温暖化の経済影響評価の現状と課題(坂上 紳)
 1 統合評価モデルによる地球温暖化の経済影響評価について
 2 統合評価モデルにおける先行研究
 3 EMEDAの構造とその特徴について
 4 EMEDAの分析について
 5 統合評価モデルにおける今後の展望と課題

第6章 産業部門の節電行動と電力料金改革の経済効果(樽井 礼)
 1 はじめに:電力料金改革の有効性
 2 自然独占産業における非線形料金の役割
 3 リアルタイム料金の経済効果
 4 固定料金とリアルタイム料金のもとでのデマンド料金の効果
 5 電力料金改革における課題とその克服の可能性

 第V部 資源

第7章 資源の呪い
――理論と現実(新熊 驩テ)
 1 はじめに
 2 先行研究
 3 サブサハラ・アフリカにみる資源の呪いの現実
 4 国際的な取り組み:EITIとドッド・フランク法
 5 おわりに

第8章 国際資源循環の経済学(山本 雅資)
 1 はじめに
 2 国際資源循環の理論分析
 3 国際資源循環の実証分析
 4 結びに代えて

 第W部 自然共生

第9章 グリーンインフラの経済学(大沼 あゆみ)
 1 はじめに
 2 グリーンインフラの経済理論モデル
 3 実証における被害と便益の経済評価
 4 おわりに

第10章 持続可能な開発と先住民の世界観の関係
――実証と理論(チョイ・イー・ケエヨン)
 1 はじめに
 2 調査目的地:基本的な事実
 3 インタビューとフィールド観察
 4 他のインタビュー:概要
 5 調査結果:土着の価値観と土地使用哲学
 6 先住民族の価値観:論理的検討
 7 先住民族の世界観の再検討、及び持続可能な開発にまつわるその含意
 8 おわりに
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.