Contents
目次
フランツ・ローゼンツヴァイク
A5判/上製/504頁
初版年月日:2018/10/25
ISBN:
978-4-7664-2568-0
 
(4-7664-2568-5)
Cコード:C3010
税込価格:7,700円
フランツ・ローゼンツヴァイク
生と啓示の哲学

目次

序 ローゼンツヴァイクと二〇世紀のドイツ・ユダヤ人社会 

第T部 生の問題としての宗教
――改宗をめぐる決断  一九〇五― 一九一四
第一章 青年ローゼンツヴァイクの思想   
第二章 キリスト教への改宗の前夜――神、歴史、ヘーゲル
第三章 宗教との対峙
第四章 啓示概念への取り組み  

第U部 啓示概念の探求と『救済の星』  一九一五― 一九一九
第五章 ユダヤ人に「なる」こと――ユダヤ教教育への取り組み
第六章 真理はいかに自らを顕わすか――言葉、啓示、真理 
第七章 啓示と人間
第八章 『救済の星』  

第V部 日常的生の聖化と恩寵  一九二〇― 一九二九
第九章 律法とユダヤ人としての生――能動性と受動性の溶化   
第一〇章 神的現実性の経験をめぐって――証言の哲学
  
結論
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.