Contents
目次
井筒俊彦の東洋哲学
A5判/上製/382頁
初版年月日:2018/09/15
ISBN:
978-4-7664-2539-0
 
(4-7664-2539-1)
Cコード:C3010
税込価格:5,500円
井筒俊彦の東洋哲学

目次

はじめに

 第T部 セム系宗教思想と「東洋哲学」――イスラーム、ユダヤ教、キリスト教
                 
第一章 「東洋哲学」とイスラーム研究 鎌田 繁
第二章 井筒俊彦とカトリックの霊性 若松英輔
第三章 近代ユダヤ教正統主義におけるコスモスとアンチコスモス 市川 裕
第四章  「神秘哲学」から「東洋哲学」へ 島田勝巳
第五章  イスマーイール・シーア派思想と井筒俊彦 野元 晋

 第U部 形而上学と東洋思想
                           
第六章 形而上学的体験の極所――「精神的東洋」とは何か 氣多雅子
第七章 井筒俊彦と華厳的世界――東洋哲学樹立に向けて 安藤礼二
第八章 井筒俊彦における禅解釈とその枠組み 金子奈央
第九章 井筒俊彦が開顕する仏教思想――比較宗教思想的地平から如来蔵思想をみる 下田正弘 

 第V部 未来へ向けて――「東洋哲学」の展開

第十章 東洋思想の共時的構造化へ――エラノス会議と「精神的東洋」 澤井義次
第十一章 井筒「東洋哲学」の現代的意義――兼ねて郭店『老子』と『太一生水』を論ず
池澤 優
第十二章 東洋における言語の形而上学 ロペス・パソス フアン・ホセ
第十三章 根源現象から意味場へ――思考を生む知性の仕組みを辿る 小野純一

 あとがき

  井筒俊彦研究文献一覧  長岡徹郎(作成)
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.