Contents
目次
アメリカのナボコフ
四六判/上製/360頁
初版年月日:2018/05/30
ISBN:
978-4-7664-2522-2
 
(4-7664-2522-7)
Cコード:C0098
税込価格:3,080円
アメリカのナボコフ
――塗りかえられた自画像

目次

序 章 ナボコフと読者たち(オーディエンス)
 1 ナボコフ、アメリカ上陸/2 新天地でのロシア語活動/3 「ロシア詩の夕べ」/
 4 『ロリータ』以後/5 ケンブリッジ凱旋/6 各章について/7 亡命者の自画像

第一章 亡命の傷――アメリカのロシアで
 1 亡命、二言語使用、翻訳/2 亡命文学史上の「V・シーリン」/3 亡命者たちの
 英語作家ナボコフ評/4 アメリカのなかのロシアで/5 プニンたち/6 ハーヴァー
 ド・ヤードの青い芝生/7 「『ロリータ』と題する書物について」は誰のために書かれ
 たか/8 『ドクトル・ジバコ』の波紋/9 優雅な生活が最高の復讐である/10 賞と
 名声と/11 自己翻訳の果て/12 「翻訳」という仮面/13 ナボコフは世界文学か?/
 14 亡命の神話

第二章 ナボコフとロフリン――アメリカ・デビューとモダニズム出版社
 1 アメリカ作家になる方法/2 ただ愛のために/3 パウンドの「啓示」とニューディ
 レクションズ誕生/4 セバスチャン・ナイト――近代世界の殉教者として/5 ロフリン
 の歓迎/6 ニューディレクションズの販売戦略のなかで/7 ボーン・モダン――アル
 ヴィン・ラスティング/8 バニー&ヴォロージャ vs 「あのJのやつ」/9 文学というビジ
 ネス/10 送りつけられた「時限爆弾」/11 「時限爆弾」の爆発/12 書きかえられた
 『セバスチャン・ナイト』/13 フェンシングの親善試合/14 出版界の変革の波にさら
 されて/15 消えた風景/16 「ニューディレクションズの作家」から「アメリカの作家」へ

第三章 注釈のなかのナボコフ――『エヴゲーニイ・オネーギン』訳注から自伝へ
 1 『エヴゲーニイ・オネーギン』翻訳と注釈/2 埋めこまれた記憶/3 自己言及癖のあ
 る語り手/4 注釈――第四章十九連四−六行/5 決闘の謎/6 三冊の「回想記/伝
 記」/7 二度はゆけぬ場所の地図/8 記憶の索引(インデックス)/9 「眼鏡」から「貝
 のかたちをしたシガレットケース」へ/10 バトヴォの森で/11 『記憶よ、語れ』第三章二
 節/12 「回想」から「伝記」へ

第四章 フィルムのなかのナボコフ――ファインダー越しに見た自画像
 1 被写体としてのナボコフ/2 「捕虫網をもった芸術家」/3 「愛妻家ナボコフ」/4 ぼ
 く自身のための広告/5 そしてアイコンへ/6 ナボコフ朝時代/7 「変人」から「セレブ」
 へ/8 自己移植の時代錯誤(アナクロニズム)/9 鏡の国の囚われ人

第五章 日本文学のなかのナボコフ――戦後日本のシャドーキャノン
 1 円城塔――蝶に導かれて/2 ナボコフ日本上陸とその周辺/3 丸谷才一 ――モダ
 ニズムと私小説批判/4 「樹影譚」――「捏造」された「起源」/5 大江健三郎――晩年
 の傾倒/6 『美しいアナベル・リイ』――『ロリータ』を書きかえる/7 隠匿された「告白」、
 「悪霊」憑きのテクスト/8 「マイクロキャノン」としての私小説/9 性と文学――谷崎/
 川端/ナボコフ/10 ソフト・パワー戦略の掌中のなかで/11 『ロリータ』を超えて

第六章 カタログのなかのナボコフ――正典化、死後出版、オークション
 1 「欲望」の対象としての『ロリータ』/2 世界一高価な『ロリータ』/3 正典化されるナボ
 コフ/4 売り払われる遺産/5 ドミトリイ・ナボコフ――父の代理人/6 ヴェラの蝶/
 7 ドミトリイの蝶/8 『ローラのオリジナル』のオリジナル/9 刊行ラッシュ/10 在庫一
 掃セール/11 息子の死/12 プライヴェートからパブリックへ

おわりに

アメリカ到着後の年譜と地図
引用元クレジット一覧
図版一覧
索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.