Contents
目次
アジア主義と近代日中の思想的交錯
A5判/上製/378頁
初版年月日:2016/06/30
ISBN:
978-4-7664-2348-8
 
(4-7664-2348-8)
Cコード:C3021
税込価格:5,500円
アジア主義と近代日中の思想的交錯

目次

 序章 アジア主義への視座

第一部 明治・大正期における言説と思想
 第一章 アジア連帯思想の形成と展開
  第一節 思想としてのアジア
  第二節 第一次世界大戦前後におけるアジア主義の諸形態

 第二章 宮崎滔天のアジア革命論
  第一節 支那革命主義の形成
  第二節 中国革命運動と滔天
  第三節 アジア主義の再構築

 第三章 頭山満における皇国とアジア
  第一節 初期の活動 ―― 民権論から国権論へ ――
  第二節 皇アジア主義者としての頭山満
  第三節 中国革命と頭山満

第二部 中国における受容と展開
 第四章 中国の近代革命思想とアジア連帯論
  第一節 孫文 ―― 人種主義と日中提携論 ――
  第二節 亜洲和親会の思想 ―― アナキズムの影 ――
  第三節 李大サとその周辺 ―― アジア主義から世界主義へ ――

 第五章 孫文の「大アジア主義」講演をめぐって
  第一節 日本論檀でのアジア主義言説
  第二節 一九二〇年代半ばまでの孫文の対日観
  第三節 日本滞在時期の孫文

 第六章 戴季陶による孫文思想の継承と展開
  第一節 「大アジア主義」講演前後における戴季陶
  第二節 戴季陶主義の形成と「大アジア主義」解釈
  第三節 「民族国際」とその外交戦略

第三部 日中戦争下における思想の諸形態
 第七章 侵略と抵抗の中のアジア主義
  第一節 満州事変とアジア・モンロー主義
  第二節 日本型アジア主義の新展開
  第三節 中国アジア主義の民族主義化

 第八章 東亜新秩序の思想
  第一節 近衛声明と東亜新秩序
  第二節 東亜協同体論の諸相
  第三節 中国における反応

 第九章 汪精衛の日中提携論とその思想的根拠
  第一節 「大アジア主義」講演以後の汪精衛
  第二節 日中提携の理論的正当化
  第三節 汪精衛の大アジア主義

 第一〇章 東亜連盟運動と中国
  第一節 東亜連盟論の概要
  第二節 中国における東亜連盟運動の開始
  第三節 汪精衛政権と東亜連盟運動

 終章 アジア主義のその後と現在
  第一節 アジア主義とは何であったのか
  第二節 アジア主義の終焉と可能性

主要参考文献
あとがき
索 引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2022 Keio University Press Inc. All rights reserved.