Contents
目次
GOZOノート 1 コジキの思想
四六判/上製/320頁
初版年月日:2016/06/15
ISBN:
978-4-7664-2339-6
 
(4-7664-2339-9)
Cコード:C0095
税込価格:3,850円
GOZOノート 1 コジキの思想

目次

(一瞬、オトタテテ)
「しろい一枚の皿」 ―― 田中冬二
アイヘイチューで終らない ―― 岡田隆彦
秋日帰郷 ―― 萩原朔太郎
朝日がゆがんでみえる
一語の魅力
内側から個を動かし規制するもの ―― 石川啄木『ローマ字日記』
王国ノート
大岡信への手紙
オートバイあるいは走る馬 ―― 吉岡実「孤独なオートバイ」
かがやく銀
巨人伝説
くろがねの秋の風鈴
コジキの思想
古武士のような名の ―― 武満徹
小息なき声を振り立つるが如く ―― 透谷ノート
三千行の「歩行」の詩
冥府の入口 ―― そのstepのこと
自覚的に詩を書きはじめたのは
詩の本質は激しさにある
神秘的な表面張力 ―― 吉岡実詩集『神秘的な時代の詩』
清しい声の人 ―― 透谷ノート
頭脳が細かく揺れて
世界はなんのためにあるのか
ツァララーラ
月が静かに下りて来た
中原中也と空の歌
氷島、The ice land
ひら、ら
ヒロちゃん
深い闇にたつ詩人 ―― 鮎川信夫
水だ
もしボクシングや相撲の
夢のベストナイン
リズムの魔に吹かれて恋の山にいたる
リズムのもたらすもの
霊魂のかたち
わたしの中也さん
わたしは燃えたつ蜃気楼 ―― 「風」からパルメニデスへ

 解説 疾駆し、「ゆきき」する若き詩人  平野啓一郎
 吉増剛造 著書目録
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.