Contents
目次
グローバルプロジェクトチームのまとめ方
A5判/並製/224頁
初版年月日:2015/07/30
ISBN:
978-4-7664-2245-0
 
(4-7664-2245-7)
Cコード:C3034
税込価格:3,960円
グローバルプロジェクトチームのまとめ方
リーダーシップの新たな挑戦

目次

第1章 グローバルに向かって
 1.1 グローバル化の力
  1.1.1 経済の力
  1.1.2 政治の力
  1.1.3 技術の力
 1.2 グローバル化の力の相互作用
 1.3 なぜグローバル化か
  1.3.1 グローバル化戦略1:コスト削減
  1.3.2 グローバル化戦略2:新興市場への参入
  1.3.3 グローバル化戦略3:世界の優秀な人材の獲得
 1.4 グローバル化戦略とグローバル業務遂行
 1.5 次章に向けて
  コラム Globalization ProjectとGlobal Project

第2章 グローバルでの成功を阻む障壁と課題
 2.1 グローバル事業遂行上の障壁
  2.1.1 組織構造と業績評価
  2.1.2 国,企業,部門の文化のちがい
  2.1.3 コラボレーション開発モデル
  2.1.4 グローバルチームリーダーのスキルとコンピテンシー
  2.1.5 グローバルへの変革に対する上級管理職の支援
 2.2 グローバル事業遂行上の課題
  2.2.1 コミュニケーション上の課題
  2.2.2 時差を利用したマネジメント
  2.2.3 分散チームの取りまとめ
 2.3 次章に向けて
  コラム VerificationとValidation

第3章 グローバル戦略と事業遂行の整合
 3.1 組織における管理職の責任
 3.2 グローバル事業遂行のための組織構造の変革
  3.2.1 組織のフラット化
 3.3 正しい開発モデルの適用
  3.3.1 プログラムマネジメントの基礎
  3.3.2 戦略と事業遂行の整合
  3.3.3 横断型コラボレーション
  3.3.4 プログラムチームの構成
 3.4 グローバルチームリーダーの育成
  3.4.1 グローバルチームリーダーのスキルとコンピテンシー
  3.4.2 チームリーダーへの権限委譲
 3.5 グローバルへの変革の推進
  3.5.1 変革に対する強力な支援
  3.5.2 開発プロセスにおける上級管理職の役割
  3.5.3 文化多様性の促進
 3.6 次章に向けて
  コラム ResponsibilityとAccountability

第4章 グローバルプロジェクトチームの統率
 4.1 グローバルチームのリーダーシップの結果に関する比較
  4.1.1 プロジェクト380
  4.1.2 プロジェクト777
 4.2 リーダーシップの基本は今までどおりに適用
  4.2.1 共通の目的を作成
  4.2.2 チームの化学変化の醸成
  4.2.3 信頼の構築と継続
  4.2.4 人間的に誠実な行動の実践
  4.2.5 チームへのエンパワー
  4.2.6 参加,コラボレーション,統合の推進
  4.2.7 効果的なコミュニケーション
  4.2.8 チーム内の対立(コンフリクト)への対処
  4.2.9 厳しい決断
  4.2.10 認知と報奨
 4.3 次章に向けて
  コラム EmpowermentとDelegation

第5章 グローバルチームの持続可能な成功の実現
 5.1 技術の効果的活用
  5.1.1 技術の役割
  5.1.2 技術の選択
  5.1.3 コミュニケーションとコラボレーション技術戦略の策定
 5.2 関係と信頼構築に対する投資
 5.3 チームの納品システムの変更
 5.4 学習し成熟する組織の形成
  5.4.1 学習の時間を確保
  5.4.2 文化横断の意識の醸成
  5.4.3 チームリーダーのトレーニング
 5.5 報奨制度の変更による行動の変化
  5.5.1 技能給
  5.5.2 業績給
  5.5.3 ライン管理職に対する報酬
 5.6 次章に向けて
  コラム TV conference ?とVideo conference ?

第6章 グローバルチームリーダーの育成
 6.1 グローバルチームリーダーのコンピテンシーモデル
 6.2 チームリーダーシップコンピテンシー
  6.2.1 一般的なリーダーシップスキル
  6.2.2 グローバルチームリーダーシップスキル
 6.3 バーチャルマネジメントのコンピテンシー
  6.3.1 異文化マネジメント
  6.3.2 バーチャルコミュニケーションスキル(グローバルチームのための効果的電子
      メール活用法)
  6.3.3 ファシリテーションスキル
  6.3.4 人脈形成力
  6.3.5 感情知性スキル
  6.3.6 コンテクストインテリジェンススキル(状況把握力)
 6.4 グローバルビジネスコンピテンシー
  6.4.1 ビジネスの基本スキル
  6.4.2 戦略思考スキル
  6.4.3 世界的視野
 6.5 顧客と市場におけるコンピテンシー
  6.5.1 製品・サービスに関する知識
  6.5.2 市場に関する知識
  6.5.3 顧客のコミットメント
 6.6 プロジェクトやプロセスのマネジメントコンピテンシー
  6.6.1 プロセスの熟練
  6.6.2 ライフサイクルマネジメントスキル
  6.6.3 プロジェクトマネジメントスキル
  6.6.4 ステークホルダーマネジメントスキル
 6.7 グローバルチームリーダーの選抜と業績評価
 6.8 グローバルチームリーダーの養成と専門性開発
 6.9 グローバルチームリーダー成功のためのイネーブラー
 6.10 次章に向けて
  コラム ProcessとPractice

第7章 グローバルへの移行の推進
 7.1 組織の流動性と成功する組織の変化
  7.1.1 グローバル事業成果の診断
  7.1.2 組織の成果測定
 7.2 変革への抵抗
  7.2.1 変化に対する本能的反応
  7.2.2 集団への帰属の必要性
  7.2.3 グループアイデンティティの力
  7.2.4 組織のマインドセット
 7.3 抵抗の克服と変革の準備
  7.3.1 結局は人である
  7.3.2 個人ごとに変革の定義づけを行なう
  7.3.3 チーム内に変革の推進者を置く
  7.3.4 外向きの視点をもったチームをつくる
  7.3.5 組織のマインドセットと整合したコミュニケーションをとる
 7.4 変革の重要要素
 7.5 次章に向けて
  コラム CustomerとClient

第8章 グローバル移行のフレームワーク
 8.1 変革実行のフレームワーク
  8.1.1 立上げ前フェーズ(pre-initiating phase)
  8.1.2 立上げフェーズ(initiating phase)
  8.1.3 計画フェーズ(planning phase)
  8.1.4 実行フェーズ(executing phase)
  8.1.5 終結フェーズ(closing phase)
  8.1.6 運用フェーズ(operations)
 8.2 Keytronの巻き返し
  8.2.1 移行フレームワークの操縦術
 8.3 グローバルチームを率いるための結論
  コラム LeaderとManager(とChampion)


  参考文献
  索引
  著者紹介
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.