Contents
目次
重度・重複障害児の対人相互交渉における共同注意
A5判/上製/168頁
初版年月日:2009/02/28
ISBN:
978-4-7664-1575-9
 
(4-7664-1575-2)
Cコード:C3037
税込価格:3,960円
重度・重複障害児の対人相互交渉における共同注意
コミュニケーション行動の基盤について

目次

第1章  障害のある子どものコミュニケーション行動

第2章  肢体不自由を主とする重度・重複障害児の対人相互交渉

第3章  乳幼児の発達における共同注意関連行動について

第4章  対人相互交渉における身体接触の意義について

第5章  自己−他者−対象物の発達に関する子どもの体験モデル
     −−三項関係形成モデルの提案−−
    
第6章  重度・重複障害児の対人相互交渉に関する事例研究
       研究1 相手に合わせる行動が難しい脳性まひ児の
           言語行動の発達について
       研究2 自発的な動きの乏しい重度・重複障害児の
           対人的相互交渉の成立について
       研究3 重度・重複障害児の対人行動からみた
           主観的社会体験の様相について
           −−身体接触を伴う働きかけへの応答行動の分析から−− 
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.