Contents
目次
グローバル時代の感染症
四六判/並製/268頁
初版年月日:2004/06/10
ISBN:
978-4-7664-1048-8
 
(4-7664-1048-3)
Cコード:C0347
税込価格:1,760円
グローバル時代の感染症

目次

はじめに

第1章 グローバル・イッシューとしての感染症 中谷比呂樹
1 日本の保健衛生の状況/2 感染症対策/3 結核対策/4 予防接種/ 5 わが国および世界のエイズの現状/6 バイオテロと感染症危機管理/7 国際問題としての感染症/8 まとめ

第2章 バイオテロリズムに関する国際的枠組み 青木節子
1 バイオテロリズムの実態と生物兵器の特色/2 テロリズムと国際法/
3 バイオテロ防止のための国際法/4 生物兵器不拡散のための輸出管理
法制の拡充/5 まとめ

第3章 バイオテロと情報管理 中村修
1 アメリカのシステムと日本の対応/2 システムをどうつくるか/3 まとめ

第4章 日本の結核対策に学ぶ――経済発展と感染症制圧 島尾忠男
1 健康と経済/2 結核対策の基盤/3 第二次世界大戦敗戦後の日本の惨状/4 日本はなぜ健康水準でも復興できたか/5 世界の感染症の現状
と対策の国際格差/6 結核問題、結核研究の推移/7 二〇〇〇年G8
サミットの沖縄宣言

第5章 日本の寄生虫疾患制圧の経験を世界に――橋本イニシアティブ
竹内 勤
1 デンバーサミット/2 先進国と開発途上国の比較/3 日本の経験/
4 日本の取組み/今後の展開

第6章 アジアの感染症と日本――国連機関からの視点 葛西 健
1 グローバルな感染症の現状/2 グローバルな感染症への対策/3 な
ぜ感染症対策が必要か/4 日本の役割

第7章 グローバル・イッシューへのNGO/NPOの取り組み 樽井正義
 1 HIVエイズによる世界危機/2 国連エイズ特別総会/3 世界基金と国際エイズ会議/4 治療の南北格差/5 アジアでの取り組み

付録  国際社会とバイオテロ問題 ヘンリー・J・シーゲルソン
1 バイオテロの脅威とは/2 バイオテロへの対応策/3 アメリカで進んでいるバイオテロ対策
ページトップへ
Copyright (C)2004-2022 Keio University Press Inc. All rights reserved.