Contents
目次
サロメのダンスの起源
四六判/上製/408頁
初版年月日:2008/09/10
ISBN:
978-4-7664-1503-2
 
(4-7664-1503-5)
Cコード:C3098
税込価格:6,050円
サロメのダンスの起源
フローベール・モロー・マラルメ・ワイルド

目次

はじめに

序章 サロメのダンス――その文学的源泉
 1 マルコによる福音書
 2 マタイによる福音書
 3 フラウィウス・ヨセフス『ユダヤ古代誌』
 4  ヤコブス・デ・ウォラギネ『黄金伝説』
 5 フローベール『ヘロディアス』
 6 ワイルド『サロメ』

第I章 フローベール『ヘロディアス』――サロメのダンスの起源
 1 物語の構想
 2 民族・政治・宗教
 3 供犠の物語――ファム・ファタルとしてのヘロディアス
 4 バビロンの誘惑
 5 大地母神キュベレー――ファム・ファタルの萌芽
 6 サロメのダンス

第II章 フローベールとモロー
 1 二人のギュスターヴ
 2 供犠の主題――至聖所
 3  《スフィンクス》あるいは「宿命の女」
 4 月の女神の系譜

 第III章 フローベール『ヘロディアス』とマラルメ『エロディアード』
 1 フローベールとマラルメ
 2 殉教
 3 太陽と月――マラルメ・ルドン・フローベール
 4 エロディアードのダンス
 5 『観念との結婚(Épouser la Notion)』――踊る「観念」としてのエロディアード

第IV章 フローベール『ヘロディアス』とワイルド『サロメ』
 1 フローベールとワイルド
 2 「バビロンの娘」――ヘロディアスからサロメへ
 3 供犠のテーマ
 4 月の神話
 5 聖性のエクリチュールから誘惑のエクリチュールへ

終章 フローベールの射程――ヘロディアス=サロメ像の起源とその変遷
 1 神話の源泉と美術史概観
 2 聖史劇にみられる「サロメのダンス」
 3 ヘロディアス=サロメの文学史における登場――『イセングリムス』
 4  『イセングリムス』からグリム、ハイネ『アッタ・トロル』まで
 5 十九世紀――サロメ文芸の全盛期
 6 舞台――演劇・オペラ・バレエ
 7 サロメ分類法
 8 現代のサロメ


主要参考文献
「ヘロディアス=サロメ文芸作品関連年表」覚書――あとがきにかえて

付録
ヘロディアス=サロメ文芸作品関連年表
人名索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.