Detail
 
イスラーム神学における信の構造

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/440頁
初版年月日:2018/02/28
ISBN:978-4-7664-2458-4
(4-7664-2458-1)
Cコード:C3310
定価 6,264円(本体 5,800円)

イスラーム神学における信の構造
イーマーンとイスラームの意味論的分析
目次 著者略歴

▼1000年にわたるイスラーム神学論争! 『井筒俊彦英文著作翻訳コレクション』第四弾。

イスラーム思想史・神学史を考える上で最も興味深い7世紀末から18世紀にいたるまで、個人的・実存的な「信じること」や「信仰」のあり方が、いかに理性のフィルターを通し、概念化されていったのかを辿る。ときに学派間に烈しい議論をまきおこしながら、精緻な理論へ練り上げられていった、1000年にわたる壮大な神学論争を、意味論的手法を用いて鮮やかに分析、生き生きと描出する。

目次

 序

第一章 不信心者カーフィル(kāfir)
 一 ハワーリジュ派とカーフィルの問題の起源
 二 ハワーリジュ派のクフル概念
 三 ハワーリジュ派思想の基本構造

第二章 タクフィール(takfīr)の概念
 一 恣意的なタクフィール行使の危険性
 二 ガザーリーによるタクフィール理論

第三章 重罪人ファースィク(fāsiq)
 一 重罪 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【著者】
井筒 俊彦(いづつ としひこ)
 1914年、東京都生まれ。1949年、慶應義塾大学文学部で講義「言語学概論」を開始、他にもギリシャ語、ギリシャ哲学、ロシア文学などの授業を担当した。『アラビア思想史』『神秘哲学』や『コーラン』の翻訳、英文処女著作Language and Magic などを発表。
 1959年から海外に拠点を移し英文で研究書の執筆に専念し、God and Man in the Koran, The Concept of Belief in Islamic Theology, Sufism and Taoism などを刊行。
 1979年、日本に帰国してからは『イスラーム文化』『意識と本質』などの代表作を発表。93年、死去。『井筒俊彦全集』(全12巻、別巻1、2013年−2016年)。

【監訳者】
鎌田 繁(かまだ しげる)
東京大学名誉教授、日本オリエント学会前会長。イスラーム神秘思想・シーア派研究。

【訳者】
仁子 寿晴(にご としはる)
同志社大学非常勤講師。イスラーム哲学・中国イスラーム思想。

橋爪 烈(はしづめ れつ)
千葉科学大学薬学部薬学科講師、カリフ制度史・イスラーム政治思想史研究。

定価6,264円 (本体:5,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.