Detail
 
スーフィズムと老荘思想 上

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/416頁
初版年月日:2019/06/05
ISBN:978-4-7664-2460-7
(4-7664-2460-3)
Cコード:C3310
定価 5,940円(本体 5,400円)

スーフィズムと老荘思想 上
比較哲学試論
目次 著者略歴

▼『井筒俊彦英文著作翻訳コレクション』、堂々完結!
▼世界に井筒の名を知らしめた主著、待望の邦訳
▼東洋における二大叡智――スーフィズムと老荘思想――の真髄を解き明かす、比較哲学的考察。

日本語著作の空白の時代を埋める最重要著作――『井筒俊彦全集』と併せて、井筒思想の全貌が明らかになる。
上巻は、イスラーム神秘哲学の頂点、イブン・アラビーの存在論

目次

 はじめに
 序  

 第一部 イブン・アラビー  

第一章 夢と現 実リアリティー 
第二章 絶対性の状態にある絶対者  
第三章 人間の自己知  
第四章 形而上の収斂と現象における拡散 
第五章 形而上学的混乱 
第六章 絶対者の影  
第七章 神の名  
第八章 アッラーと主  
第九章 存在論的な慈しみ  
第十章 生命の水  
第十一章 絶対者の自己顕現 
第十二章 恒常原型  
第十三章 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【著者】
井筒 俊彦(いづつ としひこ)
 1914年、東京都生まれ。1949年、慶應義塾大学文学部で講義「言語学概論」を開始、他にもギリシャ語、ギリシャ哲学、ロシア文学などの授業を担当した。『アラビア思想史』『神秘哲学』や『コーラン』の翻訳、英文処女著作Language and Magic などを発表。
 1959年から海外に拠点を移しマギル大学やイラン王立哲学アカデミーで研究に従事、エラノス会議などで精力的に講演活動も行った。この時期は英文で研究書の執筆に専念し、God and Man in the Koran, The Concept of Belief in Islamic Theology, Sufism and Taoism などを刊行。
 1979年、日本に帰国してからは、日本語による著作や論文の執筆に勤しみ、『イスラーム文化』『意識と本質』などの代表作を発表した。93年、死去。『井筒俊彦全集』(全12巻、別巻1、2013年−2016年)。

【訳者】
仁子 寿晴(にご としはる)
同志社大学非常勤講師。イスラーム哲学・中国イスラーム思想。

定価5,940円 (本体:5,400円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.