Detail
 
存在の概念と実在性
A5判/上製/272頁
初版年月日:2017/10/20
ISBN:978-4-7664-2456-0
(4-7664-2456-5)
Cコード:C3310
定価 4,104円(本体 3,800円)

本書と関連する書籍をご紹介します
老子道徳経 詳細を見る
クルアーンにおける神と人間 詳細を見る
存在の概念と実在性
目次 著者略歴

何かが「ある」、それは「何」なのか――。

ギリシャ・スコラ哲学、ハイデガーやサルトルら西洋哲学との接点を探りつつ、
〈存在〉と〈本質〉をめぐるイスラーム形而上学の真髄を知らしめた一冊、待望の邦訳。
▼『井筒俊彦英文著作翻訳コレクション』第三弾。

何かが「ある」(=存在)、しかし、それは「何なのか」(=何性)。この存在と本質という哲学上最大の問いをめぐり、イスラームの〈存在一性論〉哲学と、ギリシャ・スコラ哲学、ハイデガーやサルトルら現代実存主義といった西洋哲学との接点を探りつつ、イスラーム形而上学の深淵を世界に知らしめた一冊。

もとは講演として発表された四つの論文を「です・ます調」で再現。

文献学的精密さと比較哲学的な方法論により、イスラーム形而上学を分析する世界的名著、待望の邦訳。

目次

序言

第一部 イスラームにおける形而上学的思考の基本構造

第二部 東洋と西洋の存在主義

第三部 ワフダト・ル=ウジュードの分析――東洋諸哲学のメタ哲学に向けて

第四部 サブザワーリー形而上学の根本構造
 ❖第一章 サブザワーリー形而上学の意義
 ❖第二章 存在の観念と存在の実在性
 ❖第三章 存在の概念
 ❖第四章 エッセンティアとエクシステンティアの区別
 ❖第五章 存在は何であるか性に先立 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【著者】
井筒 俊彦(いづつ としひこ)
 1914年、東京都生まれ。1949年、慶應義塾大学文学部で講義「言語学概論」を開始、他にもギリシャ語、ギリシャ哲学、ロシア文学などの授業を担当した。『アラビア思想史』『神秘哲学』や『コーラン』の翻訳、英文処女著作Language and Magic などを発表。
 1959年から海外に拠点を移しマギル大学やイラン王立哲学アカデミーで研究に従事、エラノス会議などで精力的に講演活動も行った。この時期は英文で研究書の執筆に専念し、God and Man in the Koran, The Concept of Belief in Islamic Theology, Sufism and Taoism などを刊行。
 1979年、日本に帰国してからは日本語による著作や論文の執筆に勤しみ『イスラーム文化』『意識と本質』などの代表作を発表した。93年、死去。『井筒俊彦全集』(全12巻、別巻1、2013年−2016年)。

【監訳者】
鎌田 繁(かまだ しげる)
東京大学名誉教授、日本オリエント学会前会長。イスラーム神秘思想・シーア派研究。

【訳者】
仁子 寿晴(にご としはる)
同志社大学非常勤講師。イスラーム哲学・中国イスラーム思想。

定価4,104円 (本体:3,800円)
近刊
次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.