Contents
目次
地中海圏都市の活力と変貌
A5判/上製/332頁
初版年月日:2021/03/31
ISBN:
978-4-7664-2743-1
 
(4-7664-2743-2)
Cコード:C3022
税込価格:3,850円
地中海圏都市の活力と変貌

目次

序   長谷部史彦

 T部 都市の商人と交易ネットワーク
1章 フェニキア人の海外ネットワーク
――前1千年紀前半の地中海世界  佐藤育子

2章 古典期アテナイをとりまく商業ネットワークと奴隷の情報提供  杉本陽奈子

3章 帝政ローマ前期のアルル
――地中海と内陸部が出会う都市  長谷川 敬

4章 11−13世紀におけるピサの海外活動に見る衝突と交流  神崎忠昭

5章 中近世のローマの商人
――「メルカトル」から「ボヴァッティエレ」へ  原田亜希子

6章 中近世ヴェネツィアの海上交易と代理人のネットワーク  飯田巳貴

 U部 都市における生産活動と調達
7章 近世グラナダにおけるモリスコと絹  押尾高志

8章 近世イスタンブルの祝祭を支えたモノとヒト  奥 美穂子

9章 ピレネーから大西洋へ
――近代揺籃期のバルセローナにおける絹産業の親方たちとその家族  山道佳子

 V部 変貌する都市の空間と社会
10章 二つの中世ベルベル帝国とマラケシュ   野口舞子

11章 オスマン朝期カーヒラ西郊の都市的発展
――『マバーヒジュ』にみえるアズバキーヤ池南岸とルーク門地区  長谷部史彦

12章 近世イスタンブルと母后ヌールバーヌー
――ヴァーリデ複合施設の成立  藤木健二

13章 ナイル河谷からみた「地中海の花嫁」
――19世紀のアレクサンドリア  勝沼 聡

 W部 都市の権力と共存共生
14章 古代ギリシアの通商都市
――アテナイの双子都市ペイライエウス  師尾晶子

15章 合同生活圏オイクメネーのビザンツ帝国とコンスタンティノープル  草生久嗣

16章 中世スペインの辺境都市――暴力と共生とがせめぎあう場  黒田祐我

17章 15世紀エルサレム巡礼記にみえるマムルーク朝の都市社会
――艱難辛苦の旅の背景  太田(塚田)絵里奈

18章 聖地エルサレムをめぐる攻防――占領と分断の現代史  錦田愛子

跋   神崎忠昭

執筆者紹介
ページトップへ
Copyright (C)2004-2022 Keio University Press Inc. All rights reserved.