Contents
目次
1989 上
四六判/上製/256頁
初版年月日:2019/09/14
ISBN:
978-4-7664-2621-2
 
(4-7664-2621-5)
Cコード:C0030
税込価格:2,750円
1989 上
ベルリンの壁崩壊後のヨーロッパをめぐる闘争

目次

はじめに

序 章 東西冷戦後のヨーロッパを創造する―― 一九八九年と秩序の構築

第1章 一九八九年の夏から秋に、何が変わったのか?
     天安門事件は通用せず/ アメリカは介入せず/ 現状に納得せず/ 
     東ドイツ市民に自信がよみがえる/ テレビが現実を変える/ おわりに

第2章 戦勝四ヶ国の復権か連邦国家の再生か
     一一月九日の夜に/ 次に一体、何が起きるのか?/ (占領?)四ヶ国/
     飴、果物、そしてセックス/ ポルトゥガロフの後押し/ 過去の亡霊がよみがえる/
     復元モデルと再生モデルは破綻する/ おわりに

第3章 一九九〇年に生まれた壮大なヴィジョン
     円卓会議/ 反革命?/ 危うくテロの局面に陥りそうになった結果/
     賠償金とNATOをめぐる論争の抬頭/ 「NATOの管轄権は東方へ一インチたりとも動く
     ことはないであろう」/ 所有多元主義/ おわりに

原註(はじめに〜第3章)
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.