Contents
目次
戦後日中関係と廖承志
A5判/上製/400頁
初版年月日:2013/09/30
ISBN:
978-4-7664-2087-6
 
(4-7664-2087-X)
Cコード:C3331
税込価格:4,620円
戦後日中関係と廖承志
― 中国の知日派と対日政策

目次


シリーズ刊行の辞   国分良成

序章 対日政策と廖承志―― 分析の視座   王 雪萍・杉浦康之
 はじめに
 T 先行研究について
 U 本書の構成


第1部 廖承志と廖班―― 人と組織

第1章 廖承志と廖班の対日業務担当者   王 雪萍
 はじめに
 T 廖承志の革命人生
 U 実務統括者廖承志の見えざる日本観
 V 戦後中国の対日業務指導体制
 W 対日業務担当者の育成
 おわりに

第2章 日本人引揚と廖承志
     ―― 廖班の形成・展開とその関与   大澤武司
 はじめに
 T 日本人管理・教育工作と廖班の源流
 U 後期集団引揚の始動と廖班の形成
 V 後期集団引揚の展開と廖班
 W 後期集団引揚の終結と廖班の制度化
 おわりに

第3章 中国の対日経済外交と廖承志の役割
     ―― 実務統括・政治的調整・象徴   山影 統
 はじめに
 T 戦後の新たな対日関係の構築
 U 日中経済関係の発展
 V 「以民促官」の限界
 W 対日関係の再構築
 おわりに

第4章 中国の対日政策における留日学生・華僑
     ――人材確保・対日宣伝・対中支援   王 雪萍
 はじめに
 T 中国政府と留日学生・華僑団体の関係
 U 中国の対日業務における留日学生・華僑の役割
 おわりに


第2部 廖班の対日工作をめぐる中国・日本・国府の攻防

第5章 知日派の対日工作
     ―― 東京連絡事務処の成立過程とその活動を中心に   杉浦康之
 はじめに
 T 戦後日中関係における通商代表部/貿易事務所問題の歴史的経緯
 U 東京連絡事務処の対日工作の胎動
 V 日中国交正常化における東京連絡事務処の役割
 おわりに

第6章 日本から見た廖承志の対日工作―― 自民党親中国派を中心に   井上正也
 はじめに
 T 廖承志と自民党親中国派の形成
 U LT貿易の成立
 V 拡大する「半官半民」関係
 W 廖承志なき日中関係
 X 日中国交正常化
 おわりに

第7章 廖承志の対日工作と中華民国
     ―― LT貿易協定・廖承志訪日を中心に   戴 振豊(翻訳:杜崎群傑)
 はじめに
 T LT貿易協定に関する日華の外交交渉
 U 「谷振海」と「山田武雄」の地下情報活動
 V 廖承志の訪日への中華民国の対策
 おわりに


第3部 現代中国から見る廖承志とその時代

第8章 周恩来と廖承志―― 中国革命から中日友好へ   胡 鳴
 はじめに
 T 廖承志と周恩来との信頼関係の礎
 U 廖承志の保護者・周恩来
 V 周恩来・廖承志の対日外交活動の特徴―― 中日関係発展への示唆

第9章 「廖承志時代」をどう理解するか―― 戦後中日関係の情報政治学
     劉 建平(翻訳:大澤武司・山影 統)
 はじめに
 T 戦後中日関係におけるイシューの設定―― 情報の意義と権力メカニズム
 U 「人民友好」という言説創造・利益実現のメカニズム
 V 「日本人民」と国家間政治
    ―― 情報戦による「人民外交」神話の崩壊
 おわりに―― 中日関係の「新時代」は始まったのか?

終章 知日派の役割―― 21世紀の日中関係への示唆   編集委員会
 T 中国の対日政策における知日派の役割
 U 知日派と自民党親中国派の共演
 V 中国人研究者における戦後対日政策への評価
   ―― 正統的解釈と「修正主義的」解釈


補遺 中国の外交官から見た廖承志

補遺1 中国外交部日本処元処長・丁民氏が語る廖承志
  整理・解題:王 雪萍・井上正也
 T 対日業務組織の構築と外交部
 U 文化大革命前期の対日業務
 V 日中国交正常化交渉をめぐって
 W 日中国交正常化後の対日外交業務
 X 中国政府の日本情報収集と伝達方法
 Y 対日業務担当者の育成
 Z 部下から見る上司としての廖承志

補遺2 周恩来ら中国指導者の通訳・周斌氏が語る廖承志
  整理・解題:大澤武司
 T 対日政策機構と廖承志
   ―― 国務院外事辦公室日本組を中心として
 U 人間・廖承志の魅力―― その実像に迫る

主要参考文献
あとがき   王 雪萍
索 引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.