Contents
目次
100人で語る美術館の未来
A5判/並製/236頁
初版年月日:2011/02/25
ISBN:
978-4-7664-1801-9
 
(4-7664-1801-8)
Cコード:C0070
税込価格:2,750円
100人で語る美術館の未来

目次

はじめに    福原義春

第一部 作品と人をつなぐ回路の設計に向けて 
T 基調講演
   「あさって」の美術館    鷲田清一
   絵を見るとはどういうことか?    佐伯胖

U 事例報告 人と作品をつなぐ美術館の実践 
   事例報告1  鑑賞者のコミュニティー    マーガレット・バーチュネル
   事例報告2  絵の力は「生きる力」につながるか?    稲庭彩和子
   事例報告3  ルーヴル美術館の芸術・文化教育事業の中核プログラム   フレデリック・ルサール


V パネル・ディスカッション
   1 何のために絵をみるのでしょう
   2 美術館の未来
     コメント    蓑豊

   ワールド・カフェ   インタビュー 川口大輔
 
第二部 あさっての美術館に寄せて
T 座談会 社会の中の美術館
    高階秀爾、一條彰子、稲庭彩和子、、山梨俊夫

U インタビュー
  氏川こずえ(NPOはじめまして、美術館。)
  草薙奈津子(平塚市美術館)
  栗原祐司(文化庁)
  鴻池朋子(アーティスト)
  佐々木秀彦(東京都美術館)
  並木美砂子(千葉市動物園)
  保坂健二朗(東京国立近代美術館)
  美山良夫(慶應義塾大学)

総括に代えて   建畠晢

おわりに     武藤誠(かながわ国際交流財団常務理事)

第4回21世紀ミュージアム・サミット講師一覧

ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.