Contents
目次
コミュニケーションの政治学
A5判/並製/286頁
初版年月日:2003/10/10
ISBN:
978-4-7664-1018-1
 
(4-7664-1018-1)
Cコード:C3031
税込価格:3,740円
コミュニケーションの政治学

目次


はじめに

第1部 政治コミュニケーションの理論と制度

第1章 政治権力とコミュニケーションの再考察に向けて  藤田真文
第2章 コミュニケーションとディスコース        小林直毅
第3章 コミュニケーションと選挙            小川恒夫
   -認知・説得型から熟考型効果研究へ-
第4章 コミュニケーションと法制度           岩田温
   -社会学的制度と規範的制度の相克-
第5章 社会的コミュニケーションと
    ナショナル・アイデンティティ          津田正太郎

第2部 歴史の中のマス・コミュニケーション論

第6章 コミュニケーションと社会変動          小川浩一
第7章 マス・コミュニケーションと戦後日本の政治学   大石裕
第8章 中国におけるコミュニケーション研究の展開様相  楊 霜
   -政治的環境の変容を背景に-

第3部 ジャーナリズム論再考              

第9章 コミュニケーションとジャーナリズム       大井眞二
   -客観性原理のレリバンス
第10章 表現の自由論再考                伊藤高史
第11章 アメリカ・ジャーナリズムと国益         茂木崇

第4部 政治コミュニケーションの実際          

第12章 ポスト・サッチャー期のイギリス選挙制度    谷藤悦史
    -凝縮するメディア利用- 
第13章 民族意識とマス・メディア
    -トルコにおける「民主化」とクルド語放送-    阿部るり
第14章 高速増殖炉開発をめぐるメディア言説の変遷    烏谷昌之

第5部 新しいメディアと政治

第15章 電子民主主義の可能性             三野裕之
第16章 家庭空間と情報テクノロジー          小林義寛
    -テクノロジー化する家庭空間に関する試論-    
第17章 日韓のスピルオーバー論議再考         金龍徳
    -歴史的視点からの試論的再考-    
終章  「情報政治学」への道 -鶴木眞教授に聞く-
 
ページトップへ
Copyright (C)2004-2022 Keio University Press Inc. All rights reserved.