Contents
目次
グーテンベルクからグーグルへ
A5判/上製/374頁
初版年月日:2009/09/25
ISBN:
978-4-7664-1671-8
 
(4-7664-1671-6)
Cコード:C3036
税込価格:3,520円
グーテンベルクからグーグルへ
文学テキストのデジタル化と編集文献学

目次

序 章

第1章 二一世紀における手稿、本、そしてテキスト

第2章 複雑性、耐久力、アクセス可能性、美、洗練、そして学術性

第3章 書記行為理論
    慣習――いった/いわない、意図した/理解した
    時間、空間、物質性
    モノとしてのテキスト
    意味の生成――書かれたこと、書かれていないこと、理解されたこと
    知識、不確かさ、そして無知
    書記行為理論の要素

第4章 書記行為を再現するための電子的インフラストラクチャー
  T 電子ナリッジサイトのための概念空間
    村をあげての仕事
    業界標準とモジュール式構造
    材料、構造、能力
  U 実践的な問題
    資金をどのように調達するのか?
    言語とソフトウェアによる解決策のいくつか
    新しいプロジェクトと遺産プロジェクト
    分 業
    編集上の問題――ケーススタディ
    編集版の構築
    遺産ファイルの変換
    品質向上
    二つの電子的解決策
    ウィリアム・サッカレー全集の事例
    ソフトウェアの実際的問題

第5章 ヴィクトリア朝小説――読みを形づくる形

第6章 電子テキストのじめじめした貯蔵室

第7章 編集文献学の競合する目的を調和させることについて

第8章 聖人崇拝、文化のエンジニアリング、モニュメントの構築、その他の学術版編集の機能
  T 永遠に続く否定
  U 無関心の中心
  V 永遠に続く肯定

第9章 審美的な対象――「私たちの喜びの主題」

第10章 文学研究における無知

  註
  編集文献学の不可能性――訳者解説に代えて
  参考文献
  人名・作品名索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.