Contents
目次
福沢諭吉の思想と近代化構想
A5判/上製/288頁
初版年月日:2008/01/31
ISBN:
978-4-7664-1452-3
 
(4-7664-1452-7)
Cコード:C3331
税込価格:4,180円
福沢諭吉の思想と近代化構想

目次

 巻頭言      安西祐一郎
 刊行にあたって  小林良彰
 序  寺崎修

第1章 初期福沢諭吉の政治意識の表白――二つの建白書  川崎勝 
 はじめに
 T 最初の政治的発言――島津祐太郎宛書簡と「西航手帳」
 U 幕臣福沢諭吉としての藩政改革――「御時務の儀に申付候書付」
 V 大君のモナルキ――「長州再征伐に関する建白書」
 おわりに

第2章 維新変革期における福沢諭吉の教育構想  松崎欣一
 T 維新変革期における福沢――課題の発見
 U 慶應義塾の教育
 V 「小民の教育」
 W 洋学教育の全国展開
 X 福沢教科書
 Y むすび

第3章 福沢諭吉の政治構想  寺崎修
 はじめに
 T 民権論と国権論
 U 議院内閣制導入を提唱
 V 内安外競
 W 福沢構想の挫折
 おわりに

第4章 福沢諭吉と交詢社構想――「吾党の桃源」と「世務諮詢」のあいだ  住田孝太郎
 はじめに
 T 「結社」創立の原点――「同社」と「会社」の精神
 U 草創期交詢社の特質
 おわりに

第5章 福沢諭吉の華族論  小川原正道
 はしがき
 T 明治初期における福沢の華族論
 U 「華族ヲ武辺ニ導ク之説」
 V 「民情一新」
 W 期待と絶望
 X 奥平家の資産管理と福沢
 Y 「華族の教育」とその後の華族論
 むすび

第6章 福沢諭吉の朝鮮問題――「文明主義」と「義侠心」をめぐって  都倉武之
 はじめに
 T 20年前の自分との「再会」
 U 甲申事変前後の行動と言論
 V 日清戦争前後の行動と言論
 むすび

第7章 福沢諭吉論の変遷――政治経済論をめぐる近年の議論を中心に  山田博雄
 はじめに
 T 福沢の政治経済論――「立国」を視角して
 U 福沢研究の二源泉――理論の丸山、実証の富田
 V 福沢論以前――「読まれ方」の問題
 W 福沢のことばの解釈問題――矛盾の体系か豊饒な思想の宝庫か
 X 福沢論の現況――「理論と実証」交錯の諸相
 おわりに

 索引
ページトップへ
Copyright (C)2004-2022 Keio University Press Inc. All rights reserved.