Contents
目次
台湾における一党独裁体制の成立
A5判/上製/524頁
初版年月日:2006/12/11
ISBN:
978-4-7664-1326-7
 
(4-7664-1326-1)
Cコード:C3031
税込価格:7,700円
台湾における一党独裁体制の成立

目次

序論 時空の境界を超えた視角から

第一章 中国国民党の「改造」
 第一節 問題の所在
 第二節 国民党の「党治」の諸類型
 第三節 「改造」に至る経緯
 第四節 「改造」の実施
  (一)台湾への撤退
  (二)「改造」における党人事戦略
  (三) 「改造」における党再生の試み
 第五節 結語

第二章 中央の党政関係
 第一節 問題の所在
 第二節 「以党治国」から「以党領政」へ
 第三節 党と正副総統・総統府
 第四節 党と中央民意代表機構
  (一) 党と国民大会・監察院の関係
  (二) 党・立法院関係の制度
  (三) 党・立法院関係の実態――派閥政治――
 第五節 党と行政院
 第六節 党と司法院・考試院
 第七節 結語

第三章 党による地方統制
 第一節 問題の所在
 第二節 大陸時期の国民党と国府の地方統制
 第三節 外省人支配と「省籍矛盾」
 第四節 台湾の「中央化」と省長民選の凍結
 第五節 省級政府・議会への統制
 第六節 県・市級政府・議会への統制
 第七節 結語

第四章 党と軍
 第一節 問題の所在
 第二節 大陸時期の国軍
 第三節 台湾への撤退と国軍の中央化
 第四節 台湾での国軍再編
 第五節 党による国軍統制
  (一)政治工作制度の再建と特種党部の「改造」
  (二)政工系統への反発
  (三)海軍の中央化――「四海」から「一家」へ――
 第六節 結語

第五章 党と特務組織
 第一節 問題の所在
 第二節 大陸時期の特務組織
 第三節 国共内戦から台湾への撤退へ
 第四節 蒋経国による特務組織の再編
  (一)特務組織の一元化
  (二)特務組織の制度化
 第五節 「白色テロ」への影響
 第六節 結 語

第六章 土地改革政策の決定過程
 第一節 問題の所在
 第二節 国府の土地行政・農業テクノクラート
 第三節 前期土地改革
 第四節 後期土地改革
  (一)「三七五減租」
  (二)「公地放領」
  (三)「耕者有其田」
 第五節 結語

終章 結論
ページトップへ
Copyright (C)2004-2020 Keio University Press Inc. All rights reserved.