Contents
目次
情の技法
A5判/並製/458頁
初版年月日:2006/09/11
ISBN:
978-4-7664-1222-2
 
(4-7664-1222-2)
Cコード:C0010
税込価格:4,620円
情の技法

目次

はじめに  坂本 光

第一部 <情>の構図
 I 反知識人とは何か――ひとつのアメリカ的伝統  巽 孝之
 II 反感情移入の陥穽
   ――クリストフ・マルターラーの『ヨーロッパ人をやっつけろ!』における観客の自己欺瞞  
   平田栄一朗
 III 「本当の自分」の政治学――公と私における情の技法  岡原正幸
 IV 「甘え」概念について  土居健郎、[プレゼンター]巽 孝之
 V 音楽における時間、構造、および情緒について  ジョセフ・ゴーギャン、良子・ゴーギャン
 VI 情行為試論
   ――悲しいから泣くのではない。環境事象があるから泣き、悲しむのである。
   坂上貴之

第二部 <情>を読み解く
 VII 世論操作と「情」   川上和久
 VIII 情の建築――戦争・記念碑・癒し・忘却  生井英考
 IX 情の技法のもつれ――アメリカの創作科と文学批評  吉田恭子
 X 国文学作品における情  石川 透
 XI 女性たちは愛をどのように生きたか――近代フランスに則して  小倉孝誠
 XII ストウ夫人のメロドラマ――『キリスト教徒の奴隷』(一八五五)にみる〈情の技法〉  
   常山菜穂子
 XIII 恋のベストセラー――E・M・ハルの『シーク』を中心に  河内恵子

第三部 <情>を使う
XIV 花柳界の粋――“もてなしの芸”に見る芸者の情と心意気  浅原須美
XV 舞踊における怪物的身体  石黒節子
XVI クラシック歌曲におけるアート・オヴ・パッション(情の技法)  ボニー・ホーク
XVII 血と蜜――作詞と歌における情について  宝野アリカ
XVIII ロボットを創ることとは?  藤田善弘、長田純一
XIX ニコラ・テスラと発明の世紀――魔術師たちの時代の終焉  新戸雅章
XX フィクションに生きる――女優・吉行和子による情の技法  吉行和子、[聞き手]宮坂啓造

編集後記  坂上貴之
ページトップへ
Copyright (C)2004-2021 Keio University Press Inc. All rights reserved.