三田評論

明治31年から続く慶應義塾の機関誌

No.1251(2021年1月号)

新春対談

ポストコロナへ向けた大学のあり方

三田評論

─ 表紙絵:清川泰次 ─

税込価格:451円(本体410円)在庫あり

定期購読:4,700円(税・送料込)

在庫について

配送料について

定期購読の申込み

寸描2021年1月号について

三田評論1月号

三田評論
2021年1月号表紙

「大学のあり方」は、コロナにかかわらず問われ続けている。「未来から逆算した教育」の、未来像を語らねば。その前提としても、学問の自由への堂々とした評論を期待したい。石田京子と矢作尚久の真摯な研究に希望を見る。おからもミツバチもサステナブル。経済復興は固定観念を見直す小さな積み重ねからも。生来の悪筆で万年筆は断念。学位論文は和文タイプを買って打ち、やがて売り出された大きなワープロ専用機もすぐ買った。高校生の受賞作品には毎年うなる。焼け跡復興途上期生まれの筆者は、教室も足りない過密教育、家には兄3人と姉5人。空気など読んでいたら身が持たず、悩む間もなく社会の方が変わっていった。多様な情報を紡ぎ、考え、行動する高校生たちが、大学の未来も先導する予感。壮年期には次々と手術を五回。麻酔が覚めた後の全身の激痛に、ひたすら朝を待っていた。人生の最後に緩和ケアを選べることは、基本的人権でもあろう。

山崎信寿

新春対談
ポストコロナへ向けた大学のあり方

昨年来、世界の風景を一変させてしまった新型コロナウイルスの流行拡大は大学のあり方にも大きな影響を及ぼし、オンライン授業の充実など様々な変革が喫緊の課題となりました。WHO事務局長補として、世界の感染症対策の最前線で活躍されてきた中谷比呂樹さんと長谷山塾長が、ポストコロナへ向けた社会、そして大学のあり方について示唆に富んだ対談を行いました。

中谷比呂樹
慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート(KGRI)特任教授、前WHO(世界保健機関)執行理事会議長
長谷山 彰
慶應義塾長

三人閑談
万年筆の愉しみ

万年筆の愉しみ

万年筆を普段使用されている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。一昔前までは入学祝いの贈り物の定番であった万年筆も、今や、ずいぶんと様変わり。「インクから入る」若い女性など、見逃せない動きもあるようです。「関係性を持てる希有な商品」として手書き文化を支えてきた万年筆の魅力をたっぷり語り合っていただきました。

宮原義郎
株式会社丸善ジュンク堂書店MD統括バイヤー(万年筆・高級文具)
山縣裕一郎
株式会社東洋経済新報社代表取締役会長・塾員
中田俊也
プラチナ万年筆株式会社代表取締役社長、有限会社中屋万年筆代表取締役社長・塾員

第45回 小泉信三賞全国高校生
小論文コンテスト審査結果一覧

小泉信三賞
競争社会を生きる〈つながり〉を構想する 佐藤 遼
同 次席
正しく生きるために~善を行うに勇なれ~ 吉田朱里
同 佳作
命を見つめる緩和ケア 田村萌映子
同 佳作
人生会議を考える 松岡灯子
同 佳作
命を見つめる緩和ケア 田村萌映子
同 佳作
人生会議を考える 松岡灯子

〈選評〉小川原正道・荻野安奈・権丈善一・須田伸一・早川 浩

演説館
サステナブルファイナンスとポストコロナの経済復興
中空麻奈
連載
福澤諭吉をめぐる人々その52 福住正兄 白井敦子
写真に見る戦後の義塾55 信濃町1号棟竣工 相川直樹
慶應義塾体育会の軌跡
第6回 慶應義塾のオリンピアンたち/ホッケー部
横山 寛
あたらしいミュージアムをつくる:慶應義塾ミュージアム・コモンズ
第4回 大学ミュージアムにおける作品の保存・研究教育・公開
松谷芙美
新慶應義塾豆百科50 三田の新研究室
その他
巻頭随筆 丘の上 ────
アジアのコンパスで地域を考える──ギャラクシー賞志賀信夫賞を受賞して 樋泉 実
『三田俳句丘の会作品集』に寄せて 行方克巳
わが看護人生の歩み 矢田眞美子
執筆ノート ────
『レオナルド藤田嗣治 覚書──レオナール・フジタとの散歩』 藤田嗣隆
『デジタル化する新興国──先進国を超えるか、監視社会の到来か』 伊藤亜聖
『日本のオンライン教育最前線──アフターコロナの学びを考える』 石戸奈々子
『太宰治 単行本にたどる検閲の影』 小澤 純(共著)
Researcher’s Eye ────
大学の役割と哲学 石田京子
真実を見いだす価値創造を考える 矢作尚久
ミツバチはじめました 中村宜之
塾員クロスロード ────
おからの力を活かしたい 高橋典子
春色新派ぐらし 桂 佑輔
社中交歓 ────
鷹司誓玉、光岡未来、森嶋明奈、松田健児
学校法人慶應義塾と学校法人東京歯科大学
東京歯科大学の歯学部の慶應義塾大学への統合および法人の合併について
新型コロナウイルス感染症拡大にともなう緊急支援のお願い
追想 ────
一番弟子の矜持──桑野博先生を悼む 松本 智
大柳先生の「塾風」 久我俊二
ヒサクニヒコのマンガ何でも劇場、寸描(山崎信寿)、山上広場、塾長室日誌(2020年11月)、塾内ニュース、三田会だより、慶應〝塾〟語事典、寄付・維持会申込者芳名
  • 2021年三田評論1月号
  • 2020年三田評論12月号
  • 2020年三田評論11月号
  • 2020年三田評論10月号
  • 2020年三田評論8・9月合併号
  • 2020年三田評論7月号
  • 2020年三田評論6月号
  • 2020年三田評論5月号
  • 2020年三田評論4月号
  • 2020年三田評論3月号
  • 2020年三田評論2月号
前号紹介2020年12月号 No.1250

脱オフィス時代の働き方

さらに詳しく見る

次号予告2021年2月号 No.1252

トランプ後のアメリカと世界

さらに詳しく見る

慶應義塾維持会

慶應義塾維持会

母校を思う塾員と篤志家の皆様により、義塾の教育研究活動を財政支援する目的で設立された1世紀余の歴史を有する組織です。
会員の皆様にはご加入期間『三田評論』を贈呈いたします。

さらに詳しく見る

BOOKS慶應義塾大学関連の書籍

  • 應義塾 歴史散歩 キャンパス編
  • 慶應義塾 歴史散歩 全国編
  • 福澤諭吉 歴史散歩
  • 小泉信三エッセイ選 1 善を行うに勇なれ
  • 小泉信三エッセイ選 2 私と福澤諭吉
  • 應義塾 歴史散歩 キャンパス編
  • 慶應義塾 歴史散歩 全国編
  • 福澤諭吉 歴史散歩
  • 小泉信三エッセイ選 1 善を行うに勇なれ
  • 小泉信三エッセイ選 2 私と福澤諭吉