Detail
 
第一次世界大戦への道

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/424頁
初版年月日:2017/08/31
ISBN:978-4-7664-2445-4
(4-7664-2445-X)
Cコード:C0031
定価 3,456円(本体 3,200円)

第一次世界大戦への道
破局は避けられなかったのか
目次 著者略歴

▼大国間の平和はなぜ失われたのか。

普仏戦争(1870〜71年)以降、多くの深刻な国際危機が生じたにもかかわらず、ヨーロッパでは40年にわたって大国間の平和が維持された。なぜ、1914年7月の危機を引き金に「史上初の総力戦」とも呼ばれる全面戦争へと発展してしまったのか。七月危機と、一連のモロッコ危機やバルカン戦争といったそれ以前の国際危機には、どのような違いがあったのか。大国間の全面戦争を望んでいなかったにもかかわらず、なぜ主要国の政治指導者は大戦争のリスクを冒したのか。

気鋭の歴史家ウィリアム・マリガンが、1914年の夏にヨーロッパの大国間の平和維持メカニズムが崩壊してしまった経緯と、第一次世界大戦が「不可避の戦争」ではなかった理由を、各国の国内情勢、外交の諸相、指導者の言動、軍部の計画や認識、世論の動向などの分析を通じて明快に解き明かす。

大国の戦略や思惑が世界規模で複雑に交錯し、過激な世論や各国間の経済関係の動向が大きな存在感を持つ現代にこそ、学ぶべき「歴史の教訓」がちりばめられた一冊。

▼ William Mulligan, The Origins of the First World War, 2nd editon( Cambridge University Press, 2017 ) の翻訳。

目次

日本語版への序文
第二版への序文
謝 辞

第一章 序 説

第二章 安全保障と拡張――列強と地政学、一八七一年〜一九一四年
 同盟システムの発展、一八七一年〜一八九四年/グローバル政治としての大国政治、一八
 九五年〜一九〇四年/重大な転換点、一九〇四年〜一九〇七年/ボスニアからモロッコ
 へ、一九〇八年〜一九一一年/モロッコからボスニアへ、一九一一年〜一九一四年

第三章 軍部・戦争・国際政治
 一九一四年以前の戦争計画/戦争 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【著者】
ウィリアム・マリガン(William Mulligan)
アイルランド国立大学ダブリン校教授。1975年生まれ。
ケンブリッジ大学Ph.D. グラスゴー大学を経て、現職。
主要著作: The Creation of the Modern German Army: General Walther Reinhardt and the Weimar Republic, 1914-1930 (New York: Berghahn, 2005), The Great War for Peace (New Haven, CT: Yale University Press, 2014)、ほか。

【訳者】
赤木 完爾(あかぎ かんじ)
慶應義塾大学法学部教授、1953年生まれ。
慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了、法学博士。
主要著作:『第二次世界大戦の政治と戦略』(慶應義塾大学出版会、1997年)、『朝鮮戦争――休戦50周年の検証・半島の内と外から』(編著、同、2003年)、『戦略史としてのアジア冷戦』(共編著、同、2013年)、『歴史としての冷戦――力と平和の追求』(共訳、同、2004年)、ほか。

今野 茂充(こんの しげみつ)
東洋英和女学院大学国際社会学部准教授、1975年生まれ。
慶應義塾大学大学院法学研究科後期博士課程修了。博士(法学)。
主要著作:『戦略史としてのアジア冷戦』(共編著、慶應義塾大学出版会、2013年)、『東アジアのなかの日本と中国――規範・外交・地域秩序』(共編著、晃洋書房、2016年)、『イメージの中の日本――ソフト・パワー再考』(共著、慶應義塾大学出版会、2008年)、ほか。

定価3,456円 (本体:3,200円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.