Detail
 
カール・クラウスと危機のオーストリア

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/288頁
初版年月日:2016/04/30
ISBN:978-4-7664-2331-0
(4-7664-2331-3)
Cコード:C3022
定価 3,960円(本体 3,600円)

カール・クラウスと危機のオーストリア
世紀末・世界大戦・ファシズム
書評 目次 著者略歴

▼オーストリア/ハプスブルク帝国の危機〜ナチスの脅威に向き合い、それを乗り越えようとした孤高の言論人、カール・クラウス(1874-1936)の思想と行動を読み解くとともに、「世紀末」「第一次世界大戦」「ファシズム」という三つの時代における、オーストリア/ウィーンの政治思想・文化的状況を浮き彫りにする。
 
▼第一次大戦時には好戦的なメディアや政治家を、自らの個人評論雑誌『ファッケル』で厳しく批判したクラウス。彼は、戦争やナショナリズムにおいてメディアの果たす役割、戦争の背後にある経済的利害、総力戦であった第一次大戦の従来の戦争との質的差異を、鋭く指摘した。

▼一方、解体した帝国からオーストリア共和国に再編成されたのち、彼はナチスから独立を守る擁護者としてのオーストリア・ファシズム=ドルフス政権への支持を表明する。彼の真意はどこにあったのか? これまで一見、政治的な解釈が難しいとされてきた彼に、本書はオーストリアの真の独立、「オーストリア理念」を追求する姿勢を見いだす。

▼建築家アドルフ・ロース、精神分析家フロイトや保守思想家ラマシュとの関係なども描かれ、オーストリアの世紀末から第二次大戦前夜までの文化的・思想的状況をも浮き彫りにする、注目の一冊。




紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


書評

政治思想研究(発行:政治思想学会) 第17号(2017年5月)に書評(p.462)が掲載されました。評者は、細井保先生(法政大学教授)です。
図書新聞 2017年1月28日(第3288号)にて書評が掲載されました。評者は、吉野実氏(メディア史)です。

目次

    
序 章 オーストリア思想史とクラウス
   一 カール・クラウスとその時代
   二 二つの文化対立とクラウス思想の一貫性
   三 本書の構成

第1章 世紀転換期ウィーンにおける「装飾」批判とその意味
―― カール・クラウスとアドルフ・ロース
   一 はじめに ―― 唯美主義への批判者たち
   二 アドルフ・ロースの「装飾」批判
   三 カール・クラウスの「装飾」批判
   四 おわりに ―― クラウスとロースを隔てるもの
……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

高橋 義彦(たかはし よしひこ)
1983年北海道生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程修了。博士(法学)。慶應義塾大学・専修大学・國學院大学栃木短期大学非常勤講師。
主要著作:「エリック・フェーゲリンのウィーン ―― オーストリア第一共和国とデモクラシーの危機」(『政治思想研究』第12号、2012年)、共訳書にリチャード・タック『戦争と平和の権利 ―― 政治思想と国際秩序:グロティウスからカントまで』(風行社、2015年)、ほか。


定価3,960円 (本体:3,600円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.