Detail
 
親子関係と家計行動のダイナミズム

大きな画像を見る

画像をダウンロード
B5変/並製/280頁
初版年月日:2012/06/30
ISBN:978-4-7664-1947-4
(4-7664-1947-2)
Cコード:C3333
定価 4,400円(本体 4,000円)

親子関係と家計行動のダイナミズム
財政危機下の教育・健康・就業
目次 著者略歴

▼親と子をめぐる経済実態を明らかにする

▼「日本家計パネル調査」(JHPS:Japan Household Panel Survey)に基づいて政策効果を分析するシリーズ第3弾。
▼家庭背景と子どもの学力・社会性・適応感の関係。
母親の就労が子どもの健康に与える影響。
介護負担による離職。非正規労働・一人親と貧困問題。
景気後退で有配偶女性の雇用はどのように変化したか――。
「日本家計パネル調査」(JHPS)と「慶應子どもパネル調査」
をもとに、現代日本が抱える課題を分析する。

目次

はしがき   樋口美雄・宮内環・C. R. McKenzie

  第T部 JHPSの標本特性

 第1章 JHPS2011の概況   石井加代子
  第1節 はじめに  
  第2節 JHPS2011の概要と回答状況
  第3節 JHPS2011調査結果の概況
    1 就業状況について
    2 時間配分について
    3 ライフイベントの発生について
    4 健康状態や生活習慣について ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【編者】
樋口 美雄(ひぐち よしお) はしがき執筆/慶應義塾大学商学部教授、慶應義塾大学パネル調査共同研究拠点 代表/執行・運営委員。
宮内 環(みやうち たまき) はしがき執筆/慶應義塾大学経済学部准教授、慶應義塾大学パネル調査共同研究拠点 執行・運営委員。
C. R. McKenzie(マッケンジー、コリン) はしがき執筆/慶應義塾大学経済学部教授、慶應義塾大学パネル調査共同研究拠点 執行・運営委員。

【執筆者】(執筆順)
石井 加代子(いしい かよこ)1章執筆/慶應義塾大学大学院商学研究科特任講師、慶應義塾大学パネル調査共同研究拠点 執行・運営委員。
赤林 英夫(あかばやし ひでお)2・3・4章執筆/慶應義塾大学経済学部教授。
中村 亮介(なかむら りょうすけ)2章執筆/慶應義塾大学大学院経済学研究科後期博士課程。
直井 道生(なおい みちお)2章執筆/東京海洋大学海洋工学部助教、慶應義塾大学パネル調査共同研究拠点 執行・運営委員。
山下 絢(やました じゅん)2・3章執筆/中央学院大学商学部専任講師。
敷島 千鶴(しきしま ちづる)2・3章執筆/慶應義塾先導研究センター特任助教、慶應義塾大学文学部非常勤講師。
篠ヶ谷 圭太(しのがや けいた)2・4章執筆/慶應義塾先導研究センター(パネルデータ設計・解析センター)研究員。
河井 啓希(かわい ひろき)5章執筆/慶應義塾大学経済学部教授。
李 青雅(り せいが)6章執筆/慶應義塾先導研究センター(パネルデータ設計・解析センター)研究員。
大津 唯(おおつ ゆい)7章執筆/慶應義塾大学大学院経済学研究科後期博士課程、慶應義塾先導研究センター(パネルデータ設計・解析センター)研究員。
駒村 康平(こまむら こうへい)7章執筆/慶應義塾大学経済学部教授。
馬 欣欣(ま きんきん)8章執筆/慶應義塾先導研究センター(パネルデータ設計・解析センター)研究員、慶應義塾大学産業研究所共同研究員。
深堀 遼太郎(ふかほり りょうたろう)9章執筆/慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程、慶應義塾先導研究センター(パネルデータ設計・解析センター)研究員。

※所属・肩書きは、執筆時(2012年3月31日現在)のもの



定価4,400円 (本体:4,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.