「教育と医学の会」シンポジウム  「ひきこもり・不登校の今を考える」
 
トップページへ戻る
  ▼これまで開催したシンポジウムについては、こちらをご覧ください。  
 
 「教育と医学の会」では、これまで教育と医学の連携を主眼に、地域住民の心の健康や教育、福祉、医学、子育てなどに
関する諸問題を考える公開シンポジウムを開催してきました。
       
  2017年(2017年11月11日開催)    「子育てにおける親子のしなやかさ」
  2016年(2016年11月12日開催)    「子どものこころの安全基地を育てる」
  2015年(2015年11月07日開催)    「発達障害の移行期支援の課題」
  2014年(2013年11月22日開催)    「子どもの暴力的行為にどう対応するか」
  2013年(2013年11月09日開催)    「いじめ問題に、大人がどう対応していくか」
  2012年(2012年11月23日開催)    「発達障がいの見極めと対応・支援」
  2011年(2011年10月22日開催)   「今の子どもの不安とどう向き合うか」
  2010年(2010年11月13日開催)   「ひきこもり・不登校の今を考える」
       
 
       
  名称  

「教育と医学の会」シンポジウム

『教育と医学』シンポジウム
2014年度のシンポジウムの様子
テーマ
「子どもの暴力的行為にどう対応するか」
 
  テーマ  

「発達障害の移行期支援の課題
−「発達障害者支援法」施行から10年を迎えて− 」

 
   
  開催日時   2015年11月7日(土)
13:00〜16:00 (受付開始12:00から)
 
  会 場   天神スカイホール(旧・福岡国際ホール)
(福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館16階)
TEL092-712-8855

→アクセスマップ

 
  参加費   無料
※事前にお申し込み下さった方を優先して席へご案内いたします。
 
  主 催   教育と医学の会(九州大学教育学部内)  
  共 催   九州大学教育学部
慶應義塾大学出版会
 
         
         
  内 容  

<コーディネーター>

黒木俊秀
九州大学大学院人間環境学研究院教授、精神科医師

 

<話題提供者

青年期の発達障害者支援の現状と課題

田中真理
九州大学基幹教育院教授、臨床心理士

博士(教育心理学)。専門は発達臨床心理学。
九州大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学。九州大学発達臨床心理センター助手、静岡大学大学院人文社会科学研究科助教授、東北大学大学院教育学研究科教授などを経て現職。
著書に『東日本大震災と社会教育』(共著、国土社、2012年)、『思春期・青年期の発達障害者が「自分らしく生br> 福岡市発達障がい者支援センター「ゆうゆうセンター」前所長

専門は自閉症療育。
群馬大学教育学部卒業。小学校教諭、知的障害者通所授産施設支援員、特別支援学校講師を経て2014年まで福岡市発達障がい者支援センター「ゆうゆうセンター」所長を務めた。
著書に『特別支援教育における教育実践の方法』(共著、ナカニシヤ出版、2006年)など。

 

<質疑応答>

 参加者と話題提供者

 

 
  対 象   教育関係者、福祉関係者、医療関係者、学生、保護者など、
教育や子どもの問題に関心がある方
 
     
         
         
           


ページトップへ
Copyright (C)2004-2018 Keio University Press Inc. All rights reserved.