「教育と医学の会」シンポジウムは盛況のもと終了しました。
お申し込み・ご参加いただきました皆さま、誠にありがとうございました。
「教育と医学の会」シンポジウム
 

 「発達障害者支援法」が施行されて10年を迎えました。この間、発達障害児の早期発見・早期介入の体制作りや特別支援教育など、様々な取り組みが盛んになっています。
一方、義務教育(中学校卒業)以降の就学や就労に向けての支援体制はまだまだ十分とはいえません。今回のシンポジウムでは、そうした移行期支援のあり方について、第一線で活躍する専門家のお話をうかがい、理解を深めたいと思います。
 ぜひ、お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

 



  名称  

「教育と医学の会」シンポジウム

チラシはこちら

 

印刷用(モノクロ)
チラシはこちら

 
  テーマ  

「発達障害の移行期支援の課題
 −「発達障害者支援法」施行から10年を迎えて− 」

 
   
  開催日時   2015年11月7日(土)
13:00〜16:00 (受付開始12:00から)
 
  会 場   天神スカイホール(旧・福岡国際ホール)
(福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞会館16階)
 TEL092-712-8855

 →アクセスマップ

 
  参加費   無料
※事前にお申し込み下さった方を優先して席へご案内いたします。
 
  主 催   教育と医学の会(九州大学教育学部内)  
  共 催   九州大学教育学部
慶應義塾大学出版会
 
         
         
  内 容  

<コーディネーター>

黒木俊秀
九州大学大学院人間環境学研究院教授、精神科医師

 

<話題提供者

青年期の発達障害者支援の現状と課題

田中真理
九州大学基幹教育院教授、臨床心理士

博士(教育心理学)。専門は発達臨床心理学。
九州大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学。九州大学発達臨床心理センター助手、静岡大学大学院人文社会科学研究科助教授、東北大学大学院教育学研究科教授などを経て現職。
著書に『東日本大震災と社会教育』(共著、国土社、2012年)、『思春期・青年期の発達障害者が「自分らしく生br> 福岡市発達障がい者支援センター「ゆうゆうセンター」前所長

専門は自閉症療育。
群馬大学教育学部卒業。小学校教諭、知的障害者通所授産施設支援員、特別支援学校講師を経て2014年まで福岡市発達障がい者支援センター「ゆうゆうセンター」所長を務めた。
著書に『特別支援教育における教育実践の方法』(共著、ナカニシヤ出版、2006年)など。

 

<質疑応答>

 参加者と話題提供者

 

 
  対 象   教育関係者、福祉関係者、医療関係者、学生、保護者など、
教育や子どもの問題に関心がある方
 
  ★当日会場で、「教育と医学」のバックナンバーや関連の書籍を取り揃え、
  特別割引価格で販売いたします。ぜひお越しください。
 
         
  問い合せ先   慶應義塾大学出版会 「教育と医学」編集部
  〒108−8346 東京都港区三田2-19-30
  TEL 03-3451-5665 FAX 03-3454-7024
  メールアドレス kyouikutoigakuと@keio-up.co.jp
          *上記の「と」を削除してください。


 
           
★御礼★
シンポジウムは盛況のもと終了しました。
お申し込み・ご参加いただきました皆さま、誠にありがとうございました。
   
   
  ▼これまで開催したシンポジウムについては、こちらをご覧ください。  
 
 「教育と医学の会」では、これまで教育と医学の連携を主眼に、地域住民の心の健康や教育、福祉、医学、子育てなどに関する諸問題を考える公開シンポジウムを開催してきました。
       
  2014年(2014年11月22日開催)    「子どもの暴力的行為にどう対応するか」
  2013年(2013年11月09日開催)    「いじめ問題に、大人がどう対応していくか」
  2012年(2012年11月23日開催)    「発達障がいの見極めと対応・支援」
  2011年(2011年10月22日開催)   「今の子どもの不安とどう向き合うか」
  2010年(2010年11月13日開催)   「ひきこもり・不登校の今を考える」
       
       
       
 
       


ページトップへ
Copyright (C)2004-2016 Keio University Press Inc. All rights reserved.