【満員御礼】当トークセションは盛況のうちに終了いたしました。 多数のご参加ありがとうございました。

 
井筒俊彦生誕100年記念トークセッション「伝播する井筒俊彦」 開催概要
   
    ★トークセッションのポスターはこちら
     

井筒俊彦生誕100年記念トークセッション 「伝播する井筒俊彦」 

     
●主催
●後援
三田文學会
慶應義塾大学出版会
井筒俊彦生誕100年記念トークセッション「伝播する井筒俊彦」 開催概要
   
●日時 トークセッションのポスターはこちら
  最新の目次情報を記した「井筒俊彦全集」の
パンフレットはこちら
  「井筒俊彦全集」特設サイトはこちら
     
     
登壇者(慶應義塾大学出版会)
     
     
講演者 安藤礼二氏  
     
  1967年生まれ。文芸評論家、多摩美術大学准教授。早稲田大学第一文学部卒業。2002
年、「神々の闘争――折口信夫論」で群像新人文学賞優秀作を受賞。
主な著書として、芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した『神々の闘争 折口信夫論』、大江健三郎賞および伊藤整文学賞を受賞した『光の曼陀羅 日本文学論』、『場所と産霊 近代日本思想史』(いずれも講談社)、『祝祭の書物 表現のゼロをめぐって』(文藝春秋)、富岡多惠子との共著『折口信夫の青春』(ぷねうま舎)等があり、主な編著書として『初稿・死者の書』(国書刊行会)、講談社文芸文庫より刊行された折口信夫の文芸論集、天皇論集、芸能論集、対話集、若松英輔と責任編集を担当した『井筒俊彦 言語の根源と哲学の発生』(河出書房新社)等がある。
安藤礼二
     
     
講演者 河合俊雄氏  
     
  1957年生まれ。京都大学大学院教育学研究科博士後期課程中退。PhD.(チューリッヒ大学)。ユング派分析家。臨床心理士。現在、京都大学こころの未来研究センター教授。専攻は臨床心理学。
著書に『村上春樹の「物語」』『心理臨床の理論』『遠野物語:遭遇と鎮魂』(編著)『大人の発達障害の見立てと心理療法』『ユング派心理療法』(編著)『発達障害への心理療法的アプローチ』(編著)『思想家 河合隼雄』(編著)など。
河合俊雄
     
     
講演者 鏡リュウジ氏  
     
  1968年、京都生まれ。心理占星術研究家・翻訳家。国際基督教大学卒業、同大学院修士課程修了(比較文化)。英国占星術協会会員、日本トランスパーソナル学会理事、平安女学院大学、京都文教大学客員教授。
著書に『占星綺想』(青土社、2007年)、『占いはなぜ当たるのですか』(講談社文庫、2013年)、ジェイムズ・ヒルマン『魂のコード』(翻訳、河出書房新社、1998年)、ニコラス・キャンピオン『世界史と西洋占星術』(共訳、柏書房、2013年)、他。
鏡リュウジ
     
     
コーディネーター 若松英輔氏  
     
  1968年生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。批評家、思想家。読売新聞書評委員、『三田文学』編集長。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」で、第14回三田文学新人賞評論部門当選。
主な著作に、『井筒俊彦 叡知の哲学』(慶應義塾大学出版会)、『神秘の夜の旅』『魂にふれる 大震災と、生きている死者』『死者との対話』『池田晶子 不滅の哲学』(ともにトランスビュー)、『内村鑑三をよむ』 『岡倉天心「茶の本」を読む』(ともに岩波書店)、『涙のしずくに洗われて咲きいづるもの』『君の悲しみが美しいから僕は手紙を書いた』(ともに河出書房新社)がある。
若松英輔
 
 
【満員御礼】当トークセションは盛況のうちに終了いたしました。 多数のご参加ありがとうございました。
 

ご参加いただいた方には登壇者が選んだ井筒俊彦のコトバを記した栞、
井筒俊彦サイン入りクリアファイルをプレゼントいたします。

 
 
     
     
    ページトップへ
お問い合わせ(慶應義塾大学出版会)
     
     
慶應義塾大学出版会
     
〒108-8346 東京都港区三田2-19-30  
電話 03-3451-6926  
FAX 03-3451-3124  
E-mail  
   
  哲学者、言語学者、イスラーム学者として知られる「井筒俊彦」について、多角的に情報をお届けするためのウェブサイトです。
     
 
     
     
 
ページトップへ
Copyright (C)2004-2016 Keio University Press Inc. All rights reserved.