Detail
 
失業なき雇用流動化

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/280頁
初版年月日:2016/05/30
ISBN:978-4-7664-2345-7
(4-7664-2345-3)
Cコード:C3033
定価 2,750円(本体 2,500円)

本書と関連する書籍をご紹介します
金融政策の「誤解」 詳細を見る
失業なき雇用流動化
―― 成長への新たな労働市場改革
書評 目次 著者略歴

▼働き方を変えれば、日本が変わる!

働く人々が職場や会社を安心して自由に移動できるようになれば、経済に活力が生まれる。本書は、高い賃金保障に軸足を置いた新たな雇用のあり方や、労使政の連携による就労・再就職支援システムなど、「成長につながる」方策を提言。柔軟で多様な働き方が、閉塞する日本を救う!




紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


書評

日本経済新聞 2016年12月25日読書面(19面)の「エコノミストが選ぶ 経済書ベスト10」のベスト9に選ばれました。
エルダー 2016年12月号(第38巻第12号通巻446号)「Books」(p.56)にて書評が掲載されました。
週刊「東洋経済」 2016年8月13・20日合併号 特集「ビジネスマンのための世界史」に書評が掲載されました。評者は中沢孝氏(福山大学経済学部教授)です。週刊「東洋経済」はこちら

目次

はしがき

序 章 日本の雇用システムの何が問題か
 1 雇用政策論議の混乱要因
 2 本書のテーマとアプローチ法
 3 各章の概要

第1章 雇用流動化は経済を活性化するか
 1 はじめに
 2 雇用流動化の是非をめぐる理論
 3 解雇規制と経済パフォーマンスの関係
 4 本書の問題設定

第2章 日本の労働移動の変化と生産性への影響
 1 はじめに
 2 企業間労働移動について
 3 企業内労働移動について
 4 生 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

山田 久(やまだ ひさし)
株式会社日本総合研究所調査部長 / チーフエコノミスト、博士(経済学)
1987年京都大学経済学部卒業、同年住友銀行入行、91年(社)日本経済研究センター出向、93年(株)日本総合研究所出向、調査部研究員、2003年経済研究センター所長、05年マクロ経済研究センター所長、07年ビジネス戦略研究センター所長、11年(株)日本総合研究所調査部長、13年法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科客員教授(兼務)。この間、2003年法政大学大学院修士課程(経済学)修了、15年京都大学博士号取得。
主要業績に、『北欧モデル ―― 何が政策イノベーションを生み出すのか』(共著、日本経済新聞出版社、2012年)、『市場主義3.0 ―― 「市場vs国家」を超えれば日本は再生する』(東洋経済新報社、2012年)、『デフレ反転の成長戦略 ―― 「値下げ・賃下げの罠」からどう脱却するか』(東洋経済新報社、2010年)など多数。

定価2,750円 (本体:2,500円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.