Detail
 
地球温暖化と東アジアの国際協調
A5判/上製/272頁
初版年月日:2004/09/10
ISBN:978-4-7664-1087-7
(4-7664-1087-4)
Cコード:C3333
定価 3,780円(本体 3,500円)

地球温暖化と東アジアの国際協調
CDM事業化に向けた実証研究
和気 洋子 編著
早見 均 編著
目次 著者略歴

東アジアの持続的発展は可能か?
クリーン開発メカニズム(CDM)事業へ本格参入する中国。環境と経済の調和をめざす日本と東アジア諸国の連携のカギとは何か? 京都議定書以後の取り組みをも視野に入れ、植林活動による現場経験と緻密な経済・統計分析にもとづき提言する。

目次


第1章 中国の環境問題と政治

第2章 瀋陽市康平県における植林活動の実践

第3章 植林活動によるCO2吸収の測定と予測
    ――瀋陽市康平県におけるCDMの可能性と実践――

第4章 CDMをめぐる議論と植林プロジェクトの評価

第5章 北東アジアにおける多国間CDMプロジェクトの検討

第6章 東アジアにおける自由貿易協定とその環境影響分析

第7章 地球温暖化問題ガヴァナンスのための公平基準
……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。



●編著者
和気洋子(わけ ようこ)  慶應義塾大学商学部教授

早見 均(はやみ ひとし)  慶應義塾大学商学部教授

●執筆者
王 雪萍(おう せつへい,Wang Xueping)  
  慶應義塾大学大学院政策メディア研究科博士課程

加茂具樹(かも ともき)  慶應義塾大学法学部専任講師

小島朋之(こじま ともゆき)  慶應義塾大学総合政策学部長

桜本 光(さくらもと ひかる)  慶應義塾大学商学部長

鄭 雨宗(ちょん うじょん,Jung Woojong)
  慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程

竹中直子(たけなか なおこ)  慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程

中野 諭(なかの さとし)  慶應義塾大学大学院商学研究科博士課程

吉岡完治(よしおか かんじ)  慶應義塾大学産業研究所教授

ラピポン バンチョン-シルパ(Rapipongs Banchong-Silpa)
  タイ国外務省書記官

定価3,780円 (本体:3,500円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.