Detail
 
資産家資本主義の生成

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/544頁
初版年月日:2019/01/30
ISBN:978-4-7664-2576-5
(4-7664-2576-6)
Cコード:C3033
定価 10,450円(本体 9,500円)

資産家資本主義の生成
近代日本の資本市場と金融
目次 著者略歴

▼近代日本の資本主義成立に果たした地方資産家の役割とは

事業家・企業家・投資家として財や資金の循環を担った地方資産家たちの姿を
経済統計や各社の決算書類、家内文書などの膨大な資料をもとに描き出し、
成立期日本の資本主義社会が「資産家資本主義」と言える性格を持っていたことを実証的に解明する。

目次

凡例
地図

序章 近代日本の資本主義
 1 問題の所在と研究史――資産家資本主義の視点
 2 有力資産家の有価証券投資概観
 3 本書の構成―段階的変化と業種による差異

第T部 関西地域の会社設立と地方資産家
  序 大阪府の工業化と会社設立の特徴

第1章 近代大阪金融市場と銀行資産家
――逸身佐兵衛・佐一郎家を事例として
 はじめに――両替商から銀行資産家へ
 1 逸身銀行設立前後の逸身家
 2 尼崎紡績会社の創立と逸身銀行
 3 20世紀初 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

中西 聡(なかにし さとる)
1962年 愛知県生まれ
1993年 東京大学大学院経済学研究科第2種博士課程単位取得退学
博士(経済学)、東京大学社会科学研究所助手、北海道大学経済学部助教授、
名古屋大学経済学部助教授、名古屋大学大学院経済学研究科教授などを経て
現在 慶應義塾大学経済学部教授
主要著作:『近世・近代日本の市場構造』東京大学出版会、1998年
     『海の富豪の資本主義』名古屋大学出版会、2009年
     『旅文化と物流』日本経済評論社、2016年
     『北前船の近代史(改訂増補版)』交通研究協会発行、成山堂書店発売、2017年
     『近代日本の消費と生活世界』(二谷智子との共著)吉川弘文館、2018年
     『新体系日本史12 流通経済史』(共編)山川出版社、2002年
     『商品流通の近代史』(共編著)日本経済評論社、2003年
     『産業化と商家経営』(共編)名古屋大学出版会、2006年
     『世界経済の歴史』(共編)名古屋大学出版会、2010年
     『日本経済の歴史』(編)名古屋大学出版会、2013年
     『近代日本の地方事業家』(共編著)日本経済評論社、2015年
     『醬油醸造業と地域の工業化』(共編著)慶應義塾大学出版会、2016年
     『経済社会の歴史』(編)名古屋大学出版会、2017年

定価10,450円 (本体:9,500円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.