Detail
 
チョーサー『カンタベリー物語』

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/256頁
初版年月日:2019/04/25
ISBN:978-4-7664-2560-4
(4-7664-2560-X)
Cコード:C0300
定価 2,592円(本体 2,400円)

本書と関連する書籍をご紹介します
百科全書 詳細を見る
大槻文彦『言海』 詳細を見る
クルアーン 詳細を見る
西遊記 詳細を見る
チョーサー『カンタベリー物語』
ジャンルをめぐる冒険
書評 目次 著者略歴

▼シリーズ「世界を読み解く一冊の本」(全10巻)、第4弾。
▼英文学の古典的名著『カンタベリー物語』を、新たな視点から読み直す!

神が細部に宿る、豊饒な世界

「英詩の父」チョーサーの代表作『カンタベリー物語』。
カンタベリー大聖堂への巡礼の途上、職業も身分も異なる巡礼たちが語る
多種多様な物語は、キリスト教を支柱とする一枚岩的な世界とは異なる、
豊饒な世界を描き出し、物語文学のジャンルを拡張した。
神が細部に宿る物語世界のダイナミズムを丁寧に描く。

書評

週刊読書人 2019年第3290号(6面)に書評が掲載されました。評者は木下卓氏(愛媛大学名誉教授・英米文学専攻)です。本文はこちら

目次

序 『カンタベリー物語』の中世的な面白さ

T 『カンタベリー物語』の誕生
 1 チョーサーの生涯と文学観
  チョーサーの生涯――公的記録から
  チョーサーの創作活動――作品と制作年代
  ヨーロッパ文学という文脈
 2  『カンタベリー物語』の写本と構造
  未完の『カンタベリー物語』
  『カンタベリー物語』の写本と出版
  配列順序へのこだわりと中世の作品観
 3 巡礼という枠組と「総序の詩」
……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

松田 隆美(まつだ たかみ)
慶應義塾大学文学部教授。イギリス中世文学。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了、ヨーク大学大学院博士課程修了。
著作に、『ヴィジュアル・リーディング』(ありな書房、2010年)、『煉獄と地獄』(ぷねうま舎、2017年)、『世界を読み解く一冊の本』(編著、慶應義塾大学出版会、2014年)などがある。

定価2,592円 (本体:2,400円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.