Detail
 
クルアーン

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/216頁
初版年月日:2018/11/24
ISBN:978-4-7664-2555-0
(4-7664-2555-3)
Cコード:C0300
定価 2,376円(本体 2,200円)

本書と関連する書籍をご紹介します
大槻文彦『言海』 詳細を見る
クルアーン
神の言葉を誰が聞くのか
書評 目次 著者略歴

▼シリーズ「世界を読み解く一冊の本」(第1期・全10巻)、第二弾!
生きている聖典にふれる

極めて難解とされるイスラームの聖典『クルアーン』。
ではどう読めばよいのか? 
聖典を読む困難と楽しさを、丁寧に解説。
信徒のみならず、人類にとっての「聖典」となる可能性を問う。

書評

読売新聞 2018年12月4日(29面)「文化面・折口信夫 静かなブーム」で紹介されました。
出版ニュース 2018年11月下旬号(p.33〜p.34)で紹介されました。

目次

序 この聖典は誰のもの?

 生きている書物
 誰がクルアーンを読むのか――読者のタイプの六分類

 本書の目指すこと


T 「作者」は神か人か?
 1  「作者」をめぐって――ムスリムと非ムスリムの間
  「聖典」としてのクルアーン
  ムスリムから見たムハンマドの生涯
  神の声を聞く
  ヒジュラ(聖遷)――メッカからメディナへ
  啓示が下された状況
  身の回りの状況の反映
  非ムスリムにとってのムハンマド
  ムハンマドの同時代人
  神の言葉 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

大川 玲子(おおかわ れいこ)
明治学院大学国際学部教授。イスラーム思想専攻。
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(学術)。
著作に、『イスラーム化する世界』(平凡社新書、2013年)、『イスラームにおける運命と啓示』(晃洋書房、2009年)などがある。

定価2,376円 (本体:2,200円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2018 Keio University Press Inc. All rights reserved.