Detail
 
浮世絵とパトロン

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/並製/224頁
初版年月日:2014/03/31
ISBN:978-4-7664-2118-7
(4-7664-2118-3)
Cコード:C0071
定価 2,750円(本体 2,500円)

浮世絵とパトロン
天皇・将軍・大名の愛した名品たち
目次 著者略歴

浮世絵は庶民だけのものではなかった!?
葛飾北斎『西瓜図』、月岡雪鼎『正月羽根突き美人図』、歌川国芳『山王祭礼』、勝川春章『婦女風俗十二ケ月』、鳥文斎栄之『朝顔美人図』などの名品の数々を、天皇や将軍や大名たちはどのように愛し収集したのか。
▼江戸初期から幕末までの作品を丁寧に読み解き、浮世絵の文化的・歴史的背景を浮き彫りにする。

目次

 はじめに

第一章 浮世絵の歴史と受容――庶民のケース
 浮世絵の誕生 / 菱川師宣と浮世絵以降 / 浮世絵版画の売価
 生き残りをかけた真剣勝負の場

第二章 市井の風俗画を愛でた天皇・皇族たち
 1 北斎の静物画と光格天皇――『西瓜図』をめぐる考察
   都の貴族と絵画 / 『西瓜図』の解剖 / 静物画の意味
 2 栄之の隅田川図と後桜町上皇――『吉原通い図巻』
   女帝が愛でた絵巻物 / 妙法院宮の絵好き / 隅田川図と吉原通い図
 3 月岡雪鼎と皇族・公家たち― ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

内藤 正人(ないとう まさと)
1963年愛知県名古屋市生まれ。1988年慶應義塾大学大学院修士課程修了。出光美術館主任学芸員を経て、現在、慶應義塾大学文学部教授、慶應義塾大学アート・センター所長。博士 (美学)。専門は日本美術史。著作に、『江戸の人気浮世絵師――俗とアートを究めた15人』 (幻冬舎新書、2012年)、『勝川春章と天明期の浮世絵美人画』 (東京大学出版会、2012年)、『新撰 歌川広重 保永堂版 「東海道五十三次」 神髄集成』 (小学館、2011年)など。

定価2,750円 (本体:2,500円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.