Detail
 
グループ学習入門

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/並製/172頁
初版年月日:2013/04/20
ISBN:978-4-7664-2039-5
(4-7664-2039-X)
Cコード:C2000
定価 1,296円(本体 1,200円)

グループ学習入門
学びあう場づくりの技法
目次 著者略歴

グループ学習で困ったことはありませんか?

▼グループ学習は、1年生への導入教育やゼミ研究など、大学でのさまざまな場面で実践されているが、その方法論は多種多様であり、行き当たりばったりで行われているようなケースも多い。本書は、専攻・分野に関係なく、また学生でもすぐに使えるよう分かりやすく、“失敗しない”グループ学習の秘訣を伝授する。
▼信頼できるグループの作り方、アイデアを引き出す技法、ITの活用法、ディベートの準備など、段階に合わせて、気をつけるポイントを紹介。「グループ学習は大変だったけど、とても楽しく、気づくことも多かった」と学期末には言えるためのコツを伝授する。
「学習実用書」に関する情報はこちら

目次

はじめに

第1章 グループ学習について知っておきたいこと
 1.グループ学習の効果とは?
 2.グループのなかで個人が成長する要因
 3.グループ学習を阻むもの
 4.グループの成長を見極めるポイント

第2章 グループ学習の進め方
 1.グループの種類と分け方
 2.グループ学習の基本的な流れ
 3.グループ学習の技法

第3章 グループ学習とITの利用
 1.ITと学習・研究
 2.人とつながる
 3.情報を共有する ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

新井 和広(あらい かずひろ)[第3章〜第7章執筆]
慶應義塾大学商学部准教授、埼玉大学工学部で機械工学を学んだ後、イスラーム研究を志し、ミシガン大学近東研究学科でイスラーム学・イスラーム史を学ぶ。2006年東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助教、2008年より慶應義塾大学専任講師、2010年より現職。南アラビアからインド洋沿岸各地に移民したアラブの歴史を研究し、主にインドネシアとハドラマウト(イエメン)で調査を行っている。2008年より教養研究センターが開設するアカデミック・スキルズを担当する。Ph.D.

坂倉 杏介(さかくら きょうすけ)[第1章、第2章執筆]
慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所特任講師、三田の家LLP代表、NPO法人エイブル・アート・ジャパン理事。2003年、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了。地域コミュニティの形成過程やワークショップの体験デザインを、個人とコミュニティの成長における「場」の働きに注目して研究。キャンパス外の新たな学び場「三田の家」、地域コミュニティの拠点「芝の家」の運営を軸に、「横浜トリエンナーレ2005」、「Ars Electronica 2011」など美術展への参加、大学内外での教育活動を通じて、自己や他者への感受性・関係性をひらく場づくりを実践中。共著に『黒板とワイン―もう一つの学び場「三田の家」』、『メディア・リテラシー入門―視覚表現のためのレッスン』(慶應義塾大学出版会)、『いきるためのメディア―知覚・環境・社会の改編に向けて』(春秋社)など。http://kyosuke.inter-c.org/

定価1,296円 (本体:1,200円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
amazon e-hon
セブンネットショッピング ビーケーワン
楽天ブックス 紀伊国屋
jbook ジュンク堂
本屋クラブ ブックサービス
BOOX TSUTAYA
ページトップへ
Copyright (C)2004-2016 Keio University Press Inc. All rights reserved.