Detail
 
ドクトルたちの奮闘記

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/288頁
初版年月日:2012/06/30
ISBN:978-4-7664-1950-4
(4-7664-1950-2)
Cコード:C3020
定価 2,592円(本体 2,400円)
ドクトルたちの奮闘記
ゲーテが導く日独医学交流
書評 目次 著者略歴

▼詩人ゲーテが見出した名医フーフェラントは、緒方洪庵をはじめとする江戸の
蘭学医に大きな影響を与えた。その「医戒」は、明治以降も日本の医師たちに継承された。

ベルリンでアジア人初の医学士(MD)を取得した順天堂三代目・佐藤進、
近代薬学の父で、日本の女子高等教育にも尽力した長井長義、
ベルリン大学医学部初の女子聴講生をもぎとった杏林女傑・高橋瑞子、
マールブルク大学で女性として初めてMDを得た宇良田唯。

ゲーテが案内する、豊かでエネルギッシュな日独医学交流の物語。

▼石原あえか先生のサントリー学芸賞受賞後第一作。

書評

東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻紀要 第20巻(2013年12月発行)にて、森孝之氏(北里研究所北里柴三郎記念室、医学博士)より書評をいただきました。
お茶の水女子大学ジェンダー研究センター「ジェンダー研究」 第16号(2013年3月刊行)にて、小川眞里子氏(三重大学特任教授)より書評をいただきました。

目次

プロローグ イェーナ大学独文学研究所の先住人
T 非公式の医学交流 出島に赴任したドイツ人医師たち
U 大坂の種痘医・緒方洪庵のライフワーク
V フーフェラントを見出した詩人ゲーテ あるいは本書のねらい

第1章 詩人ゲーテと主治医フーフェラント
T フーフェラントの父とその患者ゲーテ
U 「仮死」をめぐる恐怖
V ヴァイマルにおける種痘普及活動
W イェーナ大学教授抜擢とベストセラー『長寿学』
X フーフェラントの『医戒』と近代日本の医師たち

第2章 「シャリテ」と日 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

石原 あえか(いしはら あえか)

東京大学大学院総合文化研究科准教授。
慶應義塾大学大学院在学中にドイツ・ケルン大学に留学、同大でDr.phil.を取得。学位論文 Makarie und das Weltall (1998)以来、一貫してゲーテと近代自然科学を研究テーマとする。2005年にドイツで刊行した Goethes Buch der Natur により、DAADグリム兄弟奨励賞、日本学術振興会賞および日本学士院学術奨励賞を受賞。2011年、近代日独三角測量史を扱った Die Vermessbarkeit der Erde を上梓。
日本語では慶應義塾大学出版会刊行の著書『科学する詩人 ゲーテ』(2010)によりサントリー学芸賞を受賞。また編著に『産む身体を描く ドイツ・イギリスの近代産科医と解剖図』(2012)などがある。慶應義塾大学商学部教授を経て、2012年4月より現職。

定価2,592円 (本体:2,400円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.