Detail
 
重度・重複障害児の対人相互交渉における共同注意

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/168頁
初版年月日:2009/02/28
ISBN:978-4-7664-1575-9
(4-7664-1575-2)
Cコード:C3037
定価 3,888円(本体 3,600円)

重度・重複障害児の対人相互交渉における共同注意
コミュニケーション行動の基盤について
書評 目次 著者略歴

意図・感情の共有や人間関係の形成に必要な「共同注意」は、いかにして成立するか。
乳幼児が獲得する「共同注意」の形成までを「三項関係形成モデル」として示し、障害が重度な子どもの事例研究によって、「自分の理解」や「他者への働きかけ」「対象物の操作」の発達の筋道を示す。

書評

肢体不自由教育 2010年3月号(no. 194) 「図書紹介」欄(59頁)で紹介されました。

目次

第1章  障害のある子どものコミュニケーション行動

第2章  肢体不自由を主とする重度・重複障害児の対人相互交渉

第3章  乳幼児の発達における共同注意関連行動について

第4章  対人相互交渉における身体接触の意義について

第5章  自己−他者−対象物の発達に関する子どもの体験モデル
     −−三項関係形成モデルの提案−−
    
第6章  重度・重複障害児の対人相互交渉に関する事例研究
       研究1 相手に合わせる行動が難しい脳性まひ児の
    ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

徳永豊(とくなが ゆたか)
福岡大学人文学部教育・臨床心理学科教授。専門は発達臨床学、特別支援教育。
1960年佐賀県生まれ。九州大学大学院教育学研究科教育心理学専攻博士課程中退。国立特殊教育総合研究所肢体不自由教育研究部主任研究官、同研究所知的障害教育研究部軽度知的障害教育研室長、国立特別支援教育総合研究所企画部総括研究員などを経て、2008年より現職。著書に『動作法ハンドブック応用編』(共著、慶應義塾大学出版会、2003年)、『肢体不自由教育シリーズ<全4巻>』(共編著、慶應義塾大学出版会、2007〜09年)、『自閉症教育実践マスターブック』(共著、ジアース教育新社、2008年)など。

定価3,888円 (本体:3,600円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
amazon e-hon
セブンネットショッピング ビーケーワン
楽天ブックス 紀伊国屋
jbook ジュンク堂
本屋クラブ ブックサービス
BOOX TSUTAYA
ページトップへ
Copyright (C)2004-2014 Keio University Press Inc. All rights reserved.