Detail
 
フーコーの後で

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/並製/280頁
初版年月日:2007/09/10
ISBN:978-4-7664-1404-2
(4-7664-1404-7)
Cコード:C0010
定価 2,160円(本体 2,000円)

本書と関連する書籍をご紹介します
フーコーの闘争 詳細を見る
写真の存在論 詳細を見る
フーコーの後で
統治性・セキュリティ・闘争
書評 目次 著者略歴

コレージュ・ド・フランス講義録を媒介に、1970年代後半のフーコーの問題系にフォーカス。
この時期のフーコーの関心は、社会防衛、セキュリティ、統治論、自由主義論などに
あり、それらは私たちの(たとえば現在の日本の)日々の問題の核心とつながっている。
気鋭の論客たちが、理論、運動 - 政治、社会それぞれの側面から、フーコーを読み、
使いまわし、今日の社会・世界に向かう新たな視座を提示する。

書評

朝日新聞 2007年11月24日夕刊(12面)「テークオフ」欄で紹介されました。
出版ニュース 2007年11月上旬号「ブックガイド」(20頁)で紹介されました。
図書新聞 2007年10月27日(2843号)「書評」欄で紹介されました。
毎日新聞 2007年10月24日朝刊(19面)で紹介されました。

目次

   高桑和巳

T 統治性
 重田園江  戦争から統治へ――コレージュ・ド・フランス講義  
 高桑和巳  インセンティヴとは何か?  

U セキュリティ
 芹沢一也  〈生存〉から〈生命〉へ――社会を管理する二つの装置  
 土佐弘之  グローバルな統治性  

V 闘争
 箱田 徹   ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

[編者]
芹沢一也(せりざわ かずや)
1968年生まれ。Synodos主宰。京都造形芸術大学非常勤講師。
著書:『〈法〉から解放される権力 犯罪、狂気、貧困、そして大正デモクラシー』(新曜社、2001年)、『狂気と犯罪 なぜ日本は世界一の精神病国家になったのか』(講談社新書、2005年)、『ホラーハウス社会 法を犯した「少年」と「異常者」たち』(講談社新書、2006年)等。

高桑和巳(たかくわ かずみ)
1972年生まれ。慶應義塾大学理工学部専任講師。
訳書:ジョルジョ・アガンベン『人権の彼方に 政治哲学ノート』(以文社、2000年)、同『ホモ・サケル 主権権力と剥き出しの生』(以文社、2003年)、同『バートルビー 偶然性について』(月曜社、2005年)、ミシェル・フーコー『安全・領土・人口』(筑摩書房、2007年)等。


[執筆者](執筆順)
重田園江(おもだ そのえ)
1968年生まれ。明治大学政治経済学部准教授。
著書:『フーコーの穴 統計学と統治の現在』(木鐸社、2003年)。『帝国論』(共著、講談社、2006年)、『社会調査と権力 〈社会的なもの〉の危機と社会学』(世界思想社、2007年)。訳書:イアン・ハッキング『偶然を飼いならす 統計学と第二次科学革命』(石原英樹との共訳、木鐸社、1999年)等。

土佐弘之(とさ ひろゆき)
1959年生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科教授。
著書:『アナーキカル・ガヴァナンス 批判的国際関係論の新展開』(御茶の水書房、2006年)、『安全保障という逆説』(青土社、2003年)、『グローバル/ジェンダー・ポリティクス 国際関係論とフェミニズム』(世界思想社、2000年)等。

箱田 徹(はこだ てつ)
1976年生まれ。神戸大学大学院総合人間科学研究科博士後期課程。
論文:「エロスの技法を再考する フーコー統治論の形成過程」『社会思想史研究』第31号(藤原書店、2007年)、「夢と痕跡から夢見る主体へ 後期フーコーの主体概念への一考察」『社会思想史研究』第28号(藤原書店、2004年)。訳書:トニ・ネグリ「マルチチュードの存在論的定義に向けて」『非対称化する世界』(以文社、2005年)等。

廣瀬 純(ひろせ じゅん)
1971年生まれ。龍谷大学経営学部専任講師。仏・映画批評誌『VERTIGO』(Éditions Capricci)編集委員。著書:『美味しい料理の哲学』(河出書房新社、2005年)、『闘争の最小回路 南米の政治空間に学ぶ変革のレッスン』(人文書院、2006年)等。

酒井隆史(さかい たかし)
1965年生まれ。大阪府立大学大学院人間社会学研究科准教授。
著書:『自由論 現在性の系譜学』(青土社、2001年)、『暴力の哲学』(河出書房新社、2004年)、『音の力 ストリートをとりもどせ』(共著、インパクト出版会、2002年)。訳書:スラヴォイ・ジジェク『否定的なもののもとへの滞留 カント、ヘーゲル、イデオロギー批判』(共訳、太田出版、1998年)、マイケル・ハート&アントニオ・ネグリ『〈帝国〉』(共訳、以文社、2003年)等。

渋谷 望(しぶや のぞむ)
1966年生まれ。千葉大学文学部准教授。
著書:『魂の労働 ネオリベラリズムの権力論』(青土社、2003年)、『エイジングと公共性』(共著、コロナ社、2002年)、『社会調査と権力 〈社会的なもの〉の危機と社会学』(共著、世界思想社、2007年)等。

定価2,160円 (本体:2,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
amazon e-hon
セブンネットショッピング ビーケーワン
楽天ブックス 紀伊国屋
jbook ジュンク堂
本屋クラブ ブックサービス
BOOX TSUTAYA
ページトップへ
Copyright (C)2004-2016 Keio University Press Inc. All rights reserved.