Detail
 
ハイブラウ/ロウブラウ
四六判/上製/426頁
初版年月日:2005/04/25
ISBN:978-4-7664-1159-1
(4-7664-1159-5)
Cコード:C3036
定価 3,520円(本体 3,200円)

本書と関連する書籍をご紹介します
アンクル・トムとメロドラマ 詳細を見る
アフター・アメリカ 詳細を見る
ハイブラウ/ロウブラウ
アメリカにおける文化ヒエラルキーの出現
書評 目次 著者略歴

シェイクスピアは「高尚」なのか? シェイクスピア作品や オペラ、映画、美術館、交響曲は、19世紀のアメリカ社 会において、いかに受容されたのか。《文化》を流動的 な言説体系と定義し、価値の普遍という観念を根底から 覆す、アメリカ歴史学界の泰斗による名著。

書評

SPACE(毎日新聞広告局) 2005年09月号(22頁)で紹介されました。
BT/美術手帖 2005年09月号(234頁)で紹介されました。
DIME 2005年07月21日号(133頁)で紹介されました。
レコード芸術 2005年6月号(音楽之友社)「片山杜秀のこの本を読め!(322頁)」で紹介されました。
佐賀新聞 2005年6月12日「読書」欄で紹介されました。
長崎新聞 2005年6月12日「読書」欄で紹介されました。
新潟日報 2005年6月12日「読書」欄で紹介されました。
神戸新聞 2005年6月5日「読書」欄で紹介されました。
中国新聞 2005年5月29日「読書」欄で紹介されました。
静岡新聞 2005年5月29日「読書」欄で紹介されました。
クラシックジャーナル 2005年014号「BOOK(102頁)」で紹介されました。

目次


はじめに

第1章 アメリカにおけるウィリアム・シェイクスピア

第2章 文化の神聖化

第3章 秩序、ヒエラルキー、文化

おわりに 

訳者あとがき
 
註  

索引

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

著者
ローレンス・W・レヴィーン(Lawrence W. Levine)
カリフォルニア大学バークレー校名誉教授、ジョージ・メーソン大学教授
1933年、リトアニアとロシア移民の子としてニューヨーク市に生まれる。1962年、コロンビア大学より博士号(歴史学)取得後、カリフォルニア大学バークレー校において32年間教鞭を執ったアメリカ文化史研究の第一人者。1983年、マッカーサー財団賞受賞。1985年、アメリカ芸術・科学アカデミー会員。1992年、アメリカ史家学会(OAH)会長。2000年、ニューヨーク州立大学名誉博士号。本書のほかにBlack Culture and Black Consciousness: Afro-American Folk Thought from Slavery to Freedom (1977), The Unpredictable Past: Explorations in American Cultural History (1993), The Opening of the American Mind: Canons, Culture, and History (1996), The People and the President: America’s Extraordinary Conversation with FDR (共著、2002) など。

訳者
常山菜穂子(つねやまなほこ)
慶應義塾大学法学部助教授
1969年、東京生まれ。日本学術振興会特別研究員を経て、慶應義塾大学大学院修了。文学博士(2000年)。アメリカ演劇文化専攻。『アメリカン・シェイクスピア―初期アメリカ演劇の文化史』(国書刊行会、2003年)、『物語のゆらめき』(共著、南雲堂、1998年)、『記憶を紡ぐアメリカ』(共著、慶應義塾大学出版会、2005年)、C・イネス『アバンギャルド・シアター―1892-1992』(共訳、テアトロ、1997年)など。

定価3,520円 (本体:3,200円)
品切・重版未定
次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.