『パウル・ツェランとユダヤの傷――《間テクスト性》研究』(関口 裕昭 著)による特別寄稿「パウル・ツェランからドイツ・ユダヤ文学の世界へ」を公開しました。(慶應義塾大学出版会)
 
「デザイン言語」シリーズ 最新刊のご案内
   
パウル・ツェランとユダヤの傷 《間テクスト性》研究 関口 裕昭 著
 

パウル・ツェランとユダヤの傷――《間テクスト性》研究

    
 
    
関口 裕昭 著
    
A5判/上製/514頁
初版年月日:2011/07/30
ISBN:978-4-7664-1864-4
定価:7,140円
  
詳細を見る
  
 

「傷」が無数の線となり、
    やがて子午線を結ぶ・・・

 

▼20世紀最大と言われるユダヤ系詩人パウル・ツェラン。
驚くほど豊穣で繊細な詩の世界を形づくっているのは、カフカ、フロイト、ベンヤミン、アドルノ、ブーバー、ショーレムといった数々のユダヤ人たちのテクストなのである。


▼詩人の言葉に織り込まれた膨大な引用を丁寧に読み解いていくことで、「ユダヤ精神」なるものを明らかにする。

(本書の目次を見る)

  
本書に関連するお知らせ
2011.08.21

著者による特別寄稿「パウル・ツェランからドイツ・ユダヤ文学の世界へ」を公開しました。(2011.08.21)

 

   
   
著者略歴
   
  
 

関口 裕昭
(せきぐち ひろあき)

1964年大阪府生まれ。慶應義塾大学文学部卒。同大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。京都大学博士(文学)。愛知県立芸術大学准教授を経て、現在、明治大学准教授。専門は近現代ドイツ抒情詩、ドイツ・ユダヤ文学。
主著に、『パウル・ツェランへの旅』(郁文堂、2006年、オーストリア文学会賞)、『評伝パウル・ツェラン』(慶應義塾大学出版会、2007年、小野十三郎賞記念特別賞)などがある。
     
脇田玲氏による特別寄稿
   
 

パウル・ツェランからドイツ・ユダヤ文学の世界へ

   
 関口 裕昭
   

 本書は、筆者がライフワークとして渾身の力を込めて書いたツェラン研究三部作の完結編です。
 博士論文として提出した論文がもとになっているため、一見して堅い内容の専門書という印象を受け、敬遠する人がいるかもしれません。

 

 しかし、前二作以上に個々の詩を、それらの喚起するイメージを大事にしながら丁寧に読み解いたので――そしてこれこそがツェランの詩を読む歓びなのです!――、詩を愛する読者にとっては満足していただける結果になったのではないか、とひそかに自負しているのです。「フランクフルト、九月」などのように、最新の研究成果を採り入れて、解釈を大幅に訂正した箇所もあります。前著を読んで下さった方も「またか!」と思わずに、ぜひ手にとって比較してみてください。もちろん、初めてツェランを読む人にも、本書だけで十分に理解していただけるように工夫したつもりです。

 

 ツェランの詩、特に後期の詩を深く探求すればするほど、不思議なことにツェランという個人を越えて、長い歴史をもつ、豊饒なドイツ・ユダヤ文学の世界に入って行くことになりました。ハイネやカフカ、フロイト、ベンヤミンを初め、多くのユダヤ人作家・思想家の引用が刻印されているからです。その典拠を探し出すために、ドイツに保管されているツェランの蔵書を徹底的に調査しましたので、結局完成まで15年という長い歳月を要することになりました。

 

 これらの引用は、詩人の知的好奇心から用いられたペダンティックなものではけっしてありません。それらはひりひりする痛みを伴う「傷」であります。かろうじて詩に残された「痕跡」からこの傷をたどり、追体験することは容易ではありませんが、この「傷」を潜り抜けていくことによって初めて(それを飛び越えることではなく)、読者は豊かな詩的イメージに溢れた新しい世界に入っていくことができるのです。
 一例を挙げますと、「薔薇」はツェランにとって花であるだけではなく「傷」でもあります。

 

  「凝固せよ(コアグラ)」という短い詩の冒頭は「お前の傷も、ローザよ(Auch deine Wunde, Rosa.)」となっていますが、ここには二重の仕掛けが隠されています(「ローザ」は薔薇色とも、薔薇の花とも、また人名とも理解できます)。ひとつはカフカの短編「田舎医者」からの引用です。医者である「私」は激しく雪の降るなか、10マイル離れた村で瀕死の重傷に苦しむ少年のもとに馬車を走らせ、その傷を見つけます。真っ赤な薔薇(ローザ)色の傷を。イコノロジーにおいても、薔薇は十字架に架けられたキリストの傷をも意味します。もうひとつは、ポーランド生まれのユダヤ人革命家ローザ・ルクセンブルクが獄中から書いた手紙であり、そこでローザは、野蛮な兵士によって打ちすえられ、ぼろきれのようになって傷口から血を流す牛を詳細に描写しつつ、その牛に自分を重ね合わせて涙を流します。「お前の傷も、ローザよ」という短い詩句の中に、実はこの二つのイメージが重ね合わされているのです。これはツェランが友人ペートレ・ソロモンの書簡の中で告白している事実です。

 

 このようにツェランの詩の一語一語の中に、想像を絶するほど重層的で、また重い意味が隠されているのですが、それらはユダヤ人が体験した長い流浪と迫害の歴史とその苦しみから生まれているのです。したがって、大げさに言うなら、本書は、ユダヤ人の歴史に対するオマージュ的な要素が少なからず込められているのです。ツェランを論じつつ、その背景にあるJudentum(ユダヤ性、ユダヤ精神)とはなにかを絶えず自問しつつ本書を書き進めました。ベンヤミンやアドルノ、ブーバーやショーレムといったユダヤ思想に関心のある読者にもぜひ読んでもらいたいと思っています。

 

 本書はツェラン研究者だけに向けて書かれた狭い意味での研究書はありません。ユダヤ文化史に関心のある方、いや詩を愛する人すべてに向けて放たれた「投壜通信」なのです。心ある方が偶然、浜辺で、いや書店の片隅で本書を見つけ、ひもといてくれることを、そしてツェランという痛々しくも、真実の言葉の叫びに耳を傾けてくれることを願ってやみません。 

 

   
 
     
「デザイン言語」シリーズのご案内
   
評伝 パウル・ツェラン
 
第10回 小野十三郎賞特別賞受賞!

評伝 パウル・ツェラン

    
 
    
関口 裕昭 著
    
四六判/上製/528頁
初版年月日:2007/10/10
ISBN:978-4-7664-1399-1
定価:4,830円
  
詳細を見る
  
 

あ ら ゆ る 

あ な た の 悲 し み の 上 に

▼戦後ヨーロッパを代表するドイツ系ユダヤ人の詩人、パウル・ツェラン(Paul Celan, 1920〜70)。

▼多民族・多言語が往来する東欧の都市チェルノヴィッツでの誕生から、強制収容所での両親の死、豊かな文学的交友と裏腹のいわれなき誹謗中傷、そして、やがて訪れるセーヌ川での最期まで――。栄光と奈落の間に生きた激動の半世紀を、新資料を含む一次資料や、ツェランの知人・友人へのインタヴュー成果を交えて精巧に描いた初の本格評伝。

   
   
   
 
   
評伝 エルゼ・ラスカー-シューラー 表現主義を超えたユダヤ系ドイツ詩人
 

評伝 エルゼ・ラスカー-シューラー
表現主義を超えたユダヤ系ドイツ詩人

    
 
    
松下 たえ子 著
    
四六判/上製/404頁
初版年月日:2007/11/10
ISBN:978-4-7664-1433-2
定価:5,040円
  
詳細を見る
  
 

樋口一葉や与謝野晶子と同時代に生きた

ドイツの女性詩人

樋口一葉や与謝野晶子と同時代に生きたドイツの女性詩人。
▼ドイツ表現主義の芸術運動の中心部に立ち、二度の世界大戦という時代に翻弄されつつ生まれた作品はいまでも輝きを失わない。ユダヤ系の女性詩人の本邦初の本格評伝。

   
   
   
 
   
せめて一時間だけでも―― ホロコーストからの生還
 

せめて一時間だけでも―― ホロコーストからの生還

    
 
    
ペーター シュナイダー 著
八木 輝明 訳
    
四六判/上製/210頁
初版年月日:2007/07/20
ISBN:978-4-7664-1402-8
定価:1,890円
  
詳細を見る
  
 

ナチスからユダヤ人を守った、

普通のドイツ人市民たちの勇気

▼ナチス政権下のベルリン地下潜伏から奇跡的に生還したユダヤ人音楽家コンラート・ラテの生還記録。
▼主人公コンラート・ラテは、ユダヤ人としてブレスラウ(現ポーランド)に生まれ、1943年に21歳でベルリンに逃れた。ナチスの秘密警察や密告者の目をあざむきながら地下に潜伏したが、行動をともにした両親は逮捕され、アウシュヴィッツで殺害された。過酷な状況の中でも、ドイツ人市民たちの支援によって、教会オルガン奏者として生活の糧を得、指揮法を学び、戦後はドイツを去ることなく、ベルリン・バロック・オーケストラを結成。以降、数十年にわたり指揮者をつとめた。

 

   
   
   
      
      
◆「パウル・ツェラン」の関連書籍を一括で購入いただけます。
      

書名

価格(税込)

購入

      

 パウル・ツェランとユダヤの傷――《間テクスト性》研究

7,140円

      

 評伝 パウル・ツェラン

4,830円

      

 評伝 エルゼ・ラスカー-シューラー

5,040円

      

 せめて一時間だけでも――ホロコーストからの生還

1,890円

      
      
      
ご注文は上の「購入」チェックボックスをチェックしていただいた後、 以下のボタンをクリックして進んでください。
      

 
 
      
        
      
 
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.