Detail
 
司法通訳人という仕事

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/並製/208頁
初版年月日:2019/11/15
ISBN:978-4-7664-2637-3
(4-7664-2637-1)
Cコード:C0036
定価 1,980円(本体 1,800円)
司法通訳人という仕事
知られざる現場
目次 著者略歴

――良心に従って
   誠実に通訳することを誓います

法廷における通訳人の仕事は正しく歌舞伎における「黒子」である。
黒子であるからこそ司法通訳にはプロフェッションとしての仕事が求められる。
『真相を追求する場、それが捜査裁判。しかし、法律への理解が乏しい通訳人の通訳如何で真相と異なる事実認定がなされれば、裁判制度の信用を損ねる。法律を知る通訳人が必要な所以である。なぜ今までこの視点が見過ごされてきたのだろうか。
要通訳事件関係者そして司法通訳人を志す人必読の一冊。』
――若狭 勝 氏(元東京地検特捜部副部長、弁護士)

目次

      
 はじめに

T 司法通訳とはどのような仕事か
 1 司法通訳の制度  2 「第一言語」とは何か?
 3 通訳の正確性と公平性

U プロフェッションとしての司法通訳
 1 言葉の「置換」か「解説」か  2 現場における通訳人の任務
 3 留置施設における国選弁護人の通訳  4 検察官の通訳
 5 法廷における通訳  6 公判の通訳と捜査の通訳との違い
 7 捜査実務側が求める通訳人の在り方  8 法廷側が求める通訳人の在り方
……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

小林 裕子(こばやし やすこ)
北海道札幌市生まれ。明海大学外国語学部教授。
最高裁判所法廷通訳人候補者名簿登載、法テラス司法通訳人、埼玉県弁護士会通訳人。青山学院大学非常勤講師。
慶應義塾大学法学部政治学科卒業。法学修士(北海学園大学大学院法学研究科法律学専攻)。札幌地方検察庁通訳、在札幌米国総領事館通訳を経て2008年より明海大学在職。
尾崎行雄記念財団咢堂塾第6期生。
英検1級。国連英検特A級。通訳案内士。

定価1,980円 (本体:1,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.