Detail
 
哲学は環境問題に使えるのか

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/464頁
初版年月日:2019/09/20
ISBN:978-4-7664-2612-0
(4-7664-2612-6)
Cコード:C3012
定価 5,940円(本体 5,400円)
哲学は環境問題に使えるのか
環境プラグマティズムの挑戦
目次 著者略歴

▼「環境倫理学」をアップデートする「環境プラグマティズム」!
▼その基本文献であるアンソロジーがついに翻訳!

1990年初め日本にも紹介された「環境倫理学」。当時、生命倫理学と共に注目されたが、90年代半ばに欧米では大きな地殻変動が起こっていた。実際の環境政策に応用できない、実行不能な「環境倫理学」を批判し、プラグマティズムの哲学を融合させた本論集『環境プラグマティズム』から「環境倫理学〈2.0〉」は始まった。その基本文献がついに邦訳なる。「環境倫理学〈3.0〉」を展望するうえでも必読の書となるだろう。

目次

謝辞

序論:紛争地としての環境プラグマティズムと環境倫理学・・・アンドリュー・ライト/エリック・カッツ

 T 環境思想と古典的アメリカ哲学
第1章 プラグマティズムと環境思想・・・ケリー・A・パーカー
第2章 プラグマティズムはどのように環境倫理学であるのか・・・サンドラ・B・ローゼンタール/ロージン・A・バックホルツ
第3章 文化としての自然――ジョン・デューイのプラグマティズム的な自然主義・・・ラリー・A・ヒックマン
第4章 G・H・ミードのコスモロジーにおける環境保護に ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【編著者】(※[ ]内は執筆章)
アンドリュー・ライト(Andrew Light)[序論、第8、17章]
原著刊行当時、アルバータ大学の環境保護プログラムの研究員。哲学の兼任教授。現在はジョージ・メイソン大学の教授、および世界資源研究所の気候プログラムの特別上級研究員。

エリック・カッツ(Eric Katz)[序論、第15、16章]
原著刊行当時、ニュージャージー工科大学における技術と社会プログラムのディレクター。現在はニュージャージー工科大学の哲学教授、同大人文学部の学部長。

【執筆者、掲載順】(※[ ]内は執筆章。役職名は、原書刊行当時のもの)
ケリー・A・パーカー(Kelly A. Parker)[第1章]
グランドバレー州立大学の哲学教授、および環境学プログラムのディレクター。

サンドラ・B・ローゼンタール(Sandra B. Rosenthal)[第2章]
米国形而上学協会の会長。

ロージン・A・バックホルツ(Rogene A. Buchholz)[第2章]
ロヨラ大学名誉教授。

ラリー・A・ヒックマン(Larry A. Hickman)[第3章]
南イリノイ大学名誉教授。

アリ・サンタス(Ari Santas)[第4章]
ヴァルドスタ州立大学の哲学教授。

ブライアン・G・ノートン(Bryan G. Norton)[第5章、第6章]
ジョージア工科大学公共政策研究科の名誉教授。

アンソニー・ウエストン(Anthony Weston)[第7章、第14章、第16章]
イーロン大学哲学教授。

ポール・B・トンプソン(Paul B. Thompson)[第9章]
ミシガン州立大学の哲学科教授。

エドワード・シアアッパ(Edward Schiappa)[第10章]
マサチューセッツ工科大学人文芸術社会科学部の比較メディア研究/著述学科の教授。

エメリー・N・キャッスル(Emery N. Castle)[第11章]
オレゴン州立大学名誉教授。2017年10月31日逝去。

デイビッド・ローゼンバーグ(David Rorhenberg)[第12章]
ニュージャージー工科大学の哲学・音楽学の名誉教授。

スーザン・J・ギルバーツ(Susan J. Gilbertz)[第13章]
モンタナ州立大学ビリングズ校の地理学准教授。

ターラ・ライ・ピーターソン(Tarla Rai Peterson)[第13章]
テキサス大学エル・パソ校のコミュニケーション学教授。

ゲーリー・E・ヴァーナー(Gary E. Varner)[第13章]
テキサス農工大学の哲学教授。

【監訳者】(※[ ]内は担当箇所)
岡本裕一朗(おかもと・ゆういちろう)[監訳、解説担当]
玉川大学文学部名誉教授。九州大学大学院文学研究科単位取得退学、博士(文学)九州大学。専門分野:哲学・倫理学。主要業績:『異議あり!生命・環境倫理学』(単著、ナカニシヤ出版、2002年)、『ネオ・プラグマティズムとは何か』(単著、ナカニシヤ出版、2012年)

田中朋弘(たなか・ともひろ)[監訳、序論担当]
熊本大学大学院人文社会科学研究部教授。大阪大学大学院文学研究科単位取得退学。博士(文学)大阪大学。専門分野:哲学・倫理学。主要業績:『職業の倫理学』(単著、丸善出版、2002年)、『文脈としての規範倫理学』(単著、ナカニシヤ出版、2012年)

【訳者】
大石敏広(北里大学一般教育部教授)、樫本直樹(産業医科大学医学部学内講師)、紀平知樹(兵庫医療大学共通教育センター教授)、小柳正弘(沖縄国際大学総合文化学部教授)、白水士郎(近畿大学文芸学部文化・歴史学科准教授)、寺本剛(中央大学理工学部准教授)、苫野一徳(熊本大学大学院教育学研究科准教授)、藤木篤(神戸市看護大学看護学部人間科学領域准教授)、吉永明弘(法政大学人間環境学部教授)

定価5,940円 (本体:5,400円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.