Detail
 
なぜフィクションか?

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/352頁
初版年月日:2019/01/30
ISBN:978-4-7664-2575-8
(4-7664-2575-8)
Cコード:C3010
定価 5,500円(本体 5,000円)

本書と関連する書籍をご紹介します
ビデオゲームの美学 詳細を見る
ありふれたものの変容 詳細を見る
芸術の言語 詳細を見る
なぜフィクションか?
ごっこ遊びからバーチャルリアリティまで
書評 目次 著者略歴

なぜ人はフィクションを楽しみ、忌避するのか
 フランスを代表する文学理論家・美学研究者であるシェフェールが一九九九年に発表した本書は、その後のフィクション理論に多大な影響を与えた。
 「なぜ」フィクションかと問うことは、「なぜ」人間がフィクションに身をゆだね、喜びを感じるのか、あるいは逆に、ときには「なぜ」フィクションを忌避するのかと問うことを意味する。
 物語論、哲学、人類学、心理学、認知科学等の観点から、文学や映画からビデオゲームにいたるあらゆるフィクションの形式を分析し、フィクションを人類に普遍的に備わる「心的能力」としてとらえなおす。

書評

図書新聞 第3399号(2019年5月18日号)1面に書評が掲載されました。評者は山本貴光氏(文筆家・ゲーム作家)です。
週刊読書人 2019年4月5日(第3284号)に書評が掲載されました。評者は、大浦康介氏(作家)です。
本文はこちら

目次

 序論

第一章 模倣なんかこわくない

 1 模倣する狼からバーチャルの狼へ
 2 プラトンT――「する」から「あたかも〜のようにする」へ
 3 プラトンII――模倣することと認識すること
 4 遊戯的模倣の二つの系譜
 5 プラトン、それでもなお


第二章 ミメーシス――模倣する、装う、表象する、認識する

 1 古くからの混乱について
 2 ミメティスム
 3 類似から模倣へ
 4 模倣から偽装へ
 5 表象からミメーシス的表象へ
 6 認識手段として ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

【著者】
ジャン=マリー・シェフェール(Jean-Marie Schaeffer)
1952年生まれ。フランス国立科学研究センターディレクター、社会科学高等研究院研究ディレクター。専門は美学、芸術理論。
著作にLa Fin de l'exception humaine (Gallimard, 2007), L'Expérience esthétique (Gallimard, 2015)など多数。

【訳者】
久保 昭博(くぼ あきひろ)
1973年生まれ。関西学院大学教授。
東京大学大学院総合文化研究科満期退学。パリ第三大学博士課程修了、文学博士。専門は文学理論、フランス文学。
著作に『表象の傷──第一次世界大戦からみるフランス文学史』(人文書院、2011)、訳書にレーモン・クノー『地下鉄のザジ』(水声社、2011)など。

定価5,500円 (本体:5,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.