Detail
 
どれがほんと?

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/184頁
初版年月日:2018/04/25
ISBN:978-4-7664-2513-0
(4-7664-2513-8)
Cコード:C0095
定価 1,728円(本体 1,600円)

本書と関連する書籍をご紹介します
久保田万太郎 詳細を見る
どれがほんと?
――万太郎俳句の虚と実
書評 目次 著者略歴

虚実のはざまにたゆたう普遍的な詩情。
その危うさの根源はなにか?
▼子規・虚子以降の近代俳句とは別の系譜の可能性を明示する!
▼タイトルは、万太郎の俳句「 時計屋の時計春の夜どれがほんと」から取っている。

虚と実のはざまにたゆたう普遍的な詩情を、卓越した言葉の芸で生み出し続けた久保田万太郎。
だが、いままでは「下町の抒情俳人」と評して安んじて、他の近現代の俳句にはない万太郎俳句の「言葉の力/巧みな芸」を言葉で掬いあげることが叶わなかったのではないだろうか。だれもが感受するその特質と危うい魅力を、俳句の本質に迫りつつ、はじめて論じきった若手俳人の画期的評論。



紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


書評

俳句(KADOKAWA) 2018年8月号に書評が掲載されました。評者は柘植史子氏です。
俳壇 2018年8月号に書評が掲載されました。評者は前北かおる氏です
俳句αあるふぁ 2018年夏号に、書評が掲載されました。 

目次

序論

第T章
 季語の伝統にどう向き合うか
 万太郎の中の「月並み」
 非―イメージ
 万太郎の取り合わせ
 切れと切字
 「型」と「型破り」

第U章
 言葉の共振
 緩急
 言葉のコストパフォーマンス
 万太郎の時間意識
 哀の人
 前書との照応
 地名、人名
 言葉遊び

結論 万太郎俳句の未来

 久保田万太郎 略年譜

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

柳克弘(たかやなぎ かつひろ)
1980年、静岡県浜松市生れ。早稲田大学大学院教育学研究科で松尾芭蕉を研究し、修士修了。2002年俳句結社「鷹」に入会し、藤田湘子に師事。05年より「鷹」編集長。04年「息吹」で第19回俳句研究賞を最年少で受賞、08年「凛然たる青春」で第22回俳人協会評論新人賞受賞、10年句集『未踏』で第1回田中裕明賞受賞。主な著書に、句集『寒林』(ふらんす堂、2016)、『芭蕉の一句』(同、2008)、『芭蕉と歩く「おくのほそ道」ノート』(角川学芸出版、2012)、『NHK俳句 名句徹底鑑賞ドリル』(NHK出版、2017)等がある。
17年4月より18年3月までNHKのEテレ番組「NHK俳句」選者。

定価1,728円 (本体:1,600円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2018 Keio University Press Inc. All rights reserved.