Detail
 
日英経済関係史研究 1860〜1940

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/448頁
初版年月日:2017/06/30
ISBN:978-4-7664-2399-0
(4-7664-2399-2)
Cコード:C3033
定価 4,320円(本体 4,000円)

日英経済関係史研究 1860〜1940
目次 著者略歴

▼日英関係にみる歴史の教訓

幕末から第2次大戦までの日英関係を広くグローバル・ヒストリーのなかに位置づけ、アジアを舞台として英国への依存から自立、協調と競争、対立、そして戦争へと向う近代日本の姿を克明に描き出した珠玉の論考。

目次

序 章
 一 日英経済関係史へのアプローチ
 二 利用資料について
 三 本書の構成

第一章 日英経済関係史 一六〇〇〜一九四一年
 一 徳川時代の日英貿易関係
  1 外交関係樹立まで(一六〇〇〜一八五四年)
  2 日英協約と日英修好通商条約の締結
 二 対英「依存」から「パートナー」へ―― 「不平等」条約下の日英経済関係
  1 日本における英国企業
  (1) 英国系 ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

杉山 伸也(すぎやま しんや)
慶應義塾大学名誉教授
1972年早稲田大学政治経済学部卒業, 81年ロンドン大学大学院博士課程修了(Ph.D.),同年ロンドン大学政治経済学院(LSE)専任研究員,84年慶應義塾大学経済学部助教授,91年より同教授,2014年名誉教授。
著書に,『グローバル経済史入門』(岩波新書,2014年),『日本経済史 近世−現代』(岩波書店,2012年),『明治維新とイギリス商人』(岩波新書,1993年),Japan's Industrialization in the World Economy, 1859〜1899 (Athlone Press, 1988),編著書に『馬場辰猪 日記と遺稿』(慶應義塾大学出版会,2015年),『日本石炭産業の衰退』(慶應義塾大学出版会,2012年),『岩波講座「帝国」日本の学知』第2巻(岩波書店,2006年),『日英交流史』第4巻(経済)(東京大学出版会,2001年),『近代アジアの流通ネットワーク』(創文社,1999年)などがある。

定価4,320円 (本体:4,000円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.