Detail
 
世界と僕のあいだに

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/192頁
初版年月日:2017/02/15
ISBN:978-4-7664-2391-4
(4-7664-2391-7)
Cコード:C0023
定価 2,592円(本体 2,400円)

本書と関連する書籍をご紹介します
美しき闘争 詳細を見る
世界と僕のあいだに
書評 著者略歴

これがお前の国なんだよ。
「これがお前の世界なんだよ。これがお前の肉体なんだよ。
だからお前は、その状況のなかで
生きていく方法を見つけなければならない」
アメリカにあって黒人であるということ、
この国の歴史を、この肉体とこの運命を生き抜くことを説く、
父から息子への長い長い手紙。

2015年度全米図書賞受賞の大ベストセラー
解説=都甲幸治




紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


書評

東京FM「まえがきは謳う」   「まえがきは謳う」(2017/5/25)、評者はMARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 社会科学書担当 中田氏です。 本文はこちら
読売新聞 2017年5月14日 読書面(12面)に書評が掲載されました。評者は、旦敬介氏(作家・翻訳家・明治大学教授)です。本文はこちら
北海道新聞 2017年5月14日読書面(11面)に書評が掲載されました。評者は、中村和恵氏(明治大学教授)です。本文はこちら

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

[著者]
タナハシ・コーツ(Ta-Nehisi Coates)
1975年、元ブラックパンサー党員のポール・コーツを父としてボルチモアに生まれる。名門ハワード大学を中退。 Atlantic 誌定期寄稿者。アメリカ黒人への補償を求める2014年のカヴァーストーリー “The Case for Reparations” でいくつもの賞を受ける。2008年に回想録 The Beautiful Struggle を出版。2015年の本書 Between the World and Me は、全米図書賞を受賞、全米批評家協会賞・ピューリッツァー賞のファイナリスト。コーツ自身は、2015年にマッカーサー基金のジーニアス・グラントを受けている。しばしば「ジェームズ・ボールドウィンの再来」と称されるが、アフリカン・アメリカンの代表的知識人の一人として信頼を集めている。

[訳者]
池田年穂(いけだ としほ)
1950年横浜市生まれ。慶應義塾大学名誉教授。ティモシー・スナイダー『ブラックアース ―― ホロコーストの歴史と警告』『赤い大公 ―― ハプスブルク家と東欧の20世紀』、ジェームズ・ウォルヴィン『奴隷制を生きた男たち』、ジョーン・ディディオン『悲しみにある者』、アダム・シュレイガー『日系人を救った政治家ラルフ・カー』、マーク・マゾワー『国連と帝国』など多数の訳書がある。

定価2,592円 (本体:2,400円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2017 Keio University Press Inc. All rights reserved.