Detail
 
吉行淳之介

大きな画像を見る

画像をダウンロード
四六判/上製/192頁
初版年月日:2016/10/31
ISBN:978-4-7664-2381-5
(4-7664-2381-X)
Cコード:C0095
定価 3,024円(本体 2,800円)

本書と関連する書籍をご紹介します
遠藤周作 詳細を見る
久保田万太郎 詳細を見る
それでも神はいる 詳細を見る
吉行淳之介
―― 抽象の閃き
書評 目次 著者略歴

昭和のダンディズム、
なまなましい生理の結晶と
澄みわたる文体の魅力
 吉行淳之介(1924−94)は、新宿赤線地帯の娼婦を題材にした作品群で登場し、1970年代以降一世を風靡するごとく注目された作家である。現代の侍にたとえられ、ストイックな芸術家、女好きの女嫌いなどと評され、その文学は人工的な冷やかさを持ち、虚無と抽象性、研ぎ澄まされた感覚にみちている、と評された。だが、その作品の魅力の全体像を探りながら論じたものはこれまでにない。本書は主要な作品の生成をたどりながら、あらたなる吉行文学の本質 ―― 「現実から非現実への飛翔」「心理ではなく生理のメカニズムの抽象化」「繰り返された改稿の果てにたどりついた文体の美」等を論じた意欲作である。女≠竍性≠書いた作家ではない、という言葉の先に見える吉行の文学世界が新鮮に輝く。



紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


書評

AERA 2017年3月13日号「アエラ読書部」(p.70)に書評が掲載されました。評者は、苅部直氏です。
週刊朝日 2017年2月17日号「週刊図書館」(69頁)に書評が掲載されました。評者は村上玄一氏(文芸評論家)です。
中日新聞 2016年11月20日読書面(13面)に書評が掲載されました。評者は勝又浩氏(文芸評論家)です。

目次

第1章 伝説への序奏 ―― 「鳥獣虫魚」
第2章 恋愛と覚醒 ―― 『闇のなかの祝祭』
第3章 痩せ我慢とダンディズム ―― 『焰の中』
第4章 文章の高みへ ―― 『驟雨』における改稿から
第5章 具象から抽象へ ―― 『砂の上の植物群』まで
第6章 荷風と淳之介 ―― 『星と月は天の穴』の頃
第7章 衰弱と薔薇 ―― 『暗室』
第8章 澄みわたる文体 ―― 最後の短篇「蝙蝠傘」へ

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

加藤 宗哉(かとう むねや)
1945年生れ。慶應義塾大学経済学部卒。日本大学芸術学部文芸創作科非常勤講師。1997年より2012年まで「三田文學」編集長。学生時代、遠藤周作編集の「三田文學」に参加、同誌に載った小説が「新潮」に転載され、作家活動に入る。著書に、『モーツァルトの妻』(PHP文庫、1998年)、『遠藤周作おどけと哀しみ ―― わが師との三十年』(文藝春秋、1999年)、『愛の錯覚 恋の誤り ―― ラ・ロシュフコオ「箴言」からの87章』(グラフ社、2002年)、『遠藤周作』(慶應義塾大学出版会、2006年)ほか。

定価3,024円 (本体:2,800円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.