Detail
 
改善活動のマネジメント

大きな画像を見る

画像をダウンロード
A5判/上製/240頁
初版年月日:2015/09/30
ISBN:978-4-7664-2246-7
(4-7664-2246-5)
Cコード:C3034
定価 2,916円(本体 2,700円)

本書と関連する書籍をご紹介します
セル生産方式の編成原理 詳細を見る
改善活動のマネジメント
問題発見・解決能力を組織に蓄積する
目次 著者略歴

▼<改善>を組織の<文化>にする

問題を発見・解決し続け、業績を向上させている企業は、何が違うのか?
本書は、改善サイクルを組織の日常業務に埋め込み、企業文化として涵養するための、長期的視野にもとづく改善活動のマネジメントを提言する。
日本の「ものづくり」の極意を凝縮した、マネジャー必読の書!

▼イノベーションは日々の<改善>から始まる!

イノベーションの創出も日常業務の改善も、その構造は同じ。無数の小さな<改善>のなかで、大きな社会的価値や意義へと結びついたものが<イノベーション>と呼ばれるようになるのだ。
本書は「基礎編」では簡単な思考実験で「ムダ」を見つけるコツを紹介、続く「実践編」で複雑な現場の状況整理・問題発見方法を解説、最後に「マネジメント編」で日常的・継続的に問題発見→問題解決し続ける組織作りの方法を提案。
 勘や経験だけに頼らない合理的な思考法と、日常業務の中に改善活動を組み込むノウハウを伝授する。







紀伊國屋書店「Kinoppy」で電子版をご購入いただけます。


目次

第1章 改善とは何か?
 1 はじめに
 2 改善もイノベーションも構造的には変わらない
 3 改善の利点・効果
 4 管理と改善
 5 本書の構成

第2章 日本企業における改善活動の実態
 1 はじめに
 2 改善活動の進捗状況
  2.1 改善進捗度の高い企業の特徴
  2.2 改善進捗度の低い企業の課題
 3 国内工場と海外工場の改善マネジメントの違い
  3.1 改善アプローチの違い
  3.2 経営トップが重要と考える要因の違い ……

著者略歴 著者略歴は書籍刊行時のものを表示しています。

坂爪 裕(さかづめ ゆう)
慶應義塾大学大学院経営管理研究科教授、博士(経営学)
1989年慶應義塾大学文学部人間関係学科人間科学専攻卒業、アンダーセン・コンサルティング(現:アクセンチュア)、(株)さくら総合研究所(現:日本総合研究所)を経て、2001年京都産業大学経営学部専任講師、2004年慶應義塾大学大学院経営管理研究科専任講師、2006年同助教授、2012年より現職。

主要業績に、『セル生産方式の編成原理』(慶應義塾大学出版会、2012)、『「ものづくり」経営革新 ―― 顧客価値創造プロセスの構築』(共著、生産性出版、1998)、「改善活動のマネジメントに関する実態調査」(慶應義塾経営管理学会リサーチペーパー・シリーズ、No.106、 2013)、「3Sの徹底を通じた発見型改善のすすめ」(『IEレビュー』第53巻第3号、2012(第42回日本IE文献賞(貢献賞)受賞))、「改善活動を推進するミドル・マネジャの役割」(『工場管理』第57巻第8号、2011)、「セル生産方式と分業の新展開――導入企業8社の事例研究」(『日本経営学会誌』第16号、2006(平成18年度日本経営学会賞(論文部門)受賞))、“Conditions for Successful Implementation of Assembly Cells,” Industrial Engineering & Management Systems, Vol. 5, No. 2, 2006、他多数。

定価2,916円 (本体:2,700円)
在庫あり

次の書店でも購入可能です。
紀伊国屋 ビーケーワン
楽天ブックス セブンネットショッピング
本屋クラブ e-hon
TSUTAYA amazon
BOOX
ページトップへ
Copyright (C)2004-2019 Keio University Press Inc. All rights reserved.